ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

m-CABI発売

今日はポルノグラフィティの6thアルバム「m-CABI」の発売日。「m-CABI」というのは「music CABINET」という意味らしい。

さて、ポルノファンとしてはこのアルバムは是非買わねば!と思う暇もなく、昨日家に帰ったらありました。相方がすでに買ってきていた模様。前日にゲットするとは、さすがポルノファンを名乗るだけのことはあるな(笑)

シングルで発売された「NaNaNaサマーガール」や「ジョバイロ」「ハネウマライダー」「Winding Road」などももちろん入っているし、アルバムで初めて聴く曲も何曲かありますが、どれもいい感じ。そして初回限定のExtra Track CDには、なんと「NaNaNaサマーガール」の冬版であって、その後のストーリーでもあるらしい「NaNaNaウィンターガール」が入っていた!サマーガールと比べると落ち着いたアレンジで、「やんちゃしてたガキが大人になりました」って感じですかねぇ(笑)

そんな訳で、さっそくiPodに入れて通勤で聴いてやる!!と思っていたのにiPodを家に忘れてきてしまって、ただ今ダークブルーな心境・・・(´Д`)

トヨタは打ち切りだそうで・・・

昨日、新型スカイラインがお目見え!なんて言っていたら、トヨタは逆に生産打ち切りを発表したらしい。打ち切るのは、ミッドシップスポーツのMR-S。

MR-Sは、確か国産で唯一のミッドシップのオープンカーだったと思った。先代のMR-2は微妙なオープンカーっぽかった(Tバールーフだっけ?)けど、MR-Sは完全にオープンだったかな。

さて、このMR-Sが生産打ち切りになったことで、トヨタの国内向けスポーツカーがなくなってしまったわけだ。一部車種にスポーツグレードはあるものの、純粋なスポーツカーってジャンルは消えた。なんか悲しい(´Д`)

そんな自分は、トヨタのJZX100チェイサーのツアラーVに乗っている。JZX100ってのは、1996~2000年まで生産された、8代目マークII/6代目チェイサー/5代目クレスタの2.5リッターモデルのこと。ツアラーVってのがグレードで、これはスポーツグレードのターボ付きってやつ。この車もスポーティーに乗ることができるけど、結局はチェイサー。グレードを落とせば一般のセダンになってしまうわけだ。

ここまで書いておいて何だけど・・・MR-Sが生産打ち切りになったことが悲しいわけではない。だんだんとスポーツ系の車がなくなってしまうことが悲しいのだ・・・(´Д`)

これが新型スカイラインかっ!

これが新型スカイラインかっ!

客先へ行ったら、たまたま近くにあったショールームに新型と思われるスカイラインを発見!

ということで、通り掛かりにパチリ!

V36型スカイライン、現る?

今日11月20日、12代目のスカイラインが発売となった・・・はず(笑)

とりあえず、性能云々はおいといて・・・なにこのデザイン。普通のセダンってだけで、どこがスポーティなんだろ?パワーがあるから?後輪駆動だから?とりあえず、先代のV35もそうだけど、スカイラインという名前をつけただけの、ただのセダンはいりません(´Д`)

少し遅れてクーペ版も出るらしいけど、このデザインでクーペを出しても、欲しいと思えないし乗りたいとも思えない。スポーツとしてのスカイラインは、良くてR34までかなぁ。

元々日産車が好きでしたが、最近の日産車はどれもデザインが変なので、車の買い替えを考えても日産車は候補にすらあがりませぬ(´Д`)

スカイラインって、結構憧れ的な存在だったのに、やっぱりこうなっちゃうのは時代の流れなんですかねぇ・・・。

レーダー探知機

オイル交換を終えたので、様子を見るために軽くドライブ・・・のつもりが、お隣りの県にある巨大な自動波まで足を伸ばしてしまいました。

ここはTRDパーツをたくさん扱っているので、もしかしたらシートエアバッグキャンセラーがあるかな〜と。しかし残念ながら取り扱っていなかった・・・。

そのまま帰るのも何なので、レーダー探知機を物色。店員をつかまえて交渉に交渉を重ね、なんと元々25%引きだったところから、さらに1万くらい安くしてもらいました。

てことで、セルスターの最上位機種を25000円ぽっきりでゲット!一度スピード違反で捕まれば、2万くらいは軽く飛ぶことを考えたら、さほど高価に感じないところが怖いですね(笑)

ちなみに、以前スピード違反で捕まった経験アリだったりします(ノ_<)

さっそく店の駐車場で取り付けて、ただ今、帰り道にあるGSで給油とポリマー洗車中。なんだか天気が怪しいけど、雨が降らないことを祈りつつ、洗車待ち( ̄▽ ̄)

オイル交換

近所の黄帽子で、ただ今オイル交換中。結婚式があった関係で毎週600km以上走っていたので、2ヶ月ほどで走行距離が6000kmを超えていました。やばいやばい(汗)

今回選んだオイルは、カストロールのフォーミュラーRSゼロで、0W-40。これから寒くなるので、始動性も考えてみました。

4リットル缶が1缶4800円と安かったので、ほとんどお試し感覚です。まあ、エレメントも交換すると約6リットル使うので、1缶じゃ足りないワケですが・・・。

さて、今回のオイルの乗り味はどんなものかな。楽しみです(≧▽≦)

[PostgreSQL] バックアップとリストア

ふっと忘れてしまうことがあるので、備忘録として・・・。

DBのバックアップ
$ pg_dump [DBName] > [OutputFileName]

$ pg_dumpall -U [UserName] > [OutputFileName]
(指定したユーザーが権限を持つ全てのDBをバックアップ)

DBのリストア
$ psql [DBName] < [InputFileName]

既存のDBを別のサーバへ展開
$ pg_dump -h [fromHost] [DBName] | psql -h [toHost] [DBName]
(fromHostからtoHostへ)

どーすんの!?オレ!

「どーすんの!?オレ」と言えば、ライフカードのCMが真っ先に出てくる人が多いと思います。あのCM、インパクトが強すぎて忘れられない(ノ∀`)

そんなあのCMに登場する、トランプサイズのカード。あれがついに?発売されるらしいですよ。その名も「ライフカード公認『"どーすんの!?オレ"カード』」。全部で25種類あるそうな。

名前はまさに「そのまんま」って感じですが、これって忘年会とかで結構使われたりするのかな~。結構面白そうな気がします。

そんな「"どーすんの!?オレ"カード」は、12月9日発売で、お値段は税込み1575円だそうな。高いか安いかは、使ってみてのお楽しみなのでしょーか?(笑)

故障率77.1%ってやばくない?

中国の普通乗用車の、6ヶ月以内の新車の平均故障率が77.1%なんだって。ということは、新車を買ってもほぼ故障する、と考えられそう。

故障で一番多かったのが、故障発生率が58%近くもある「操作・ブレーキシステム」だそうな。ちょっと待て。操作とブレーキシステムって、一番事故につながりやすいし、一番命に関わる部分じゃないですか!車を買った人に「死ね」と言っているようなものじゃん・・・。

日本の車はそこまで酷くないと思うけど、それでもリコールは結構ある。人の命を預かる乗り物なだけに、もっと品質を高める努力をしてほしいものです。

そういえば、ト○タ車の突然の炎上だとか、パワーウィンドウ装置からの発火とかは、どうなったんだろう?

[HP-UX] コンパイラが変?

さて、デバッガが正常に動いたのでこれで万事解決!かと思っていたら、開発で指定されているコンパイラでデバッグオプションが指定できないから、デバッグできないよ!何とかして!と、またしてもヘルプが。

コンパイラは何を使っているか聞いてみると、aC++だという。よくわかんないので、自分で調べてみた。

とりあえずログインして、バージョンチェック。
# cc --version
(Bundled) cc: HP aC++/ANSI C B3910B A.05.50 [May 15 2003]

ん?バンドル版?とりあえずネットで調べてみると、このバージョンでもデバッグオプションは使えるはず・・・。なのに、確かにコンパイル時にデバッグオプションをつけると、
# cc -g -o hoge hoge.c
(Bundled) cc: warning 922: "-g" is unsupported in the bundled compiler, ignored.

と警告が出る。バンドル版コンパイラはサポートしていません、ですかぁ。

そしてさらにネットで調べてみると、どうやら/usr/ccs/binのccは、カーネルコンパイル用らしい。だから、その他のオプション(-Acとか、-AAとか)も警告が出て使えないのか。なるほど、これは開発用ではないのね(ノ∀`)

ということで、別途gccなどを入れてもらった上でデバッグしてくれるようお願いして、調査終了。

自分がデバッガの動作確認をしたときのgccを残しておけばよかったかなー、と反省(ノ∀`)

[HP-UX] デバッガのインストール

自分は担当していない別プロジェクトで、HP-UXの11i v2を使っているのですが、どうもデバッガがうまく動いてくれないとのこと。なんとかしてくれ~とヘルプがきたので、さっそく手をつけてみました。

とりあえずいろいろいじってみると、HP-UXって何とも使い辛い・・・。AIXに慣れてしまっているせいか、はるか昔にいじったときより使い勝手が悪いように感じます。

そんな訳で試行錯誤しながら、HP-UX添付のDVDを覗いていると、どうやらgdbとpxdbの2種類のデバッガがある様子。そして、うまく動いてくれないのがgdbということだったので、早速pxdbをインストールしてみることに。

まずはDVDドライブのデバイスを確認。
# ioscan -funC disk

でろでろ~っとデバイスが表示されるので、DVDドライブのデバイス名を探します。デバイス名がわかったら、次はマウント。
# mount DVD-DEVICE-NAME /dvdrom

これでマウント完了。インストールツール?を立ち上げます。
# swinstall -i -s /dvdrom

CUIのグラフィカルな?画面になって、DVDに入っているアプリの一覧が表示されるので、それを選択して、インストールを実行すればいいのですが・・・なぜか、pxdbが一覧に表示されず。別のディレクトリとして認識されているのかと思って、全部のディレクトリをチェックしても、ない・・・。

困った・・・。

だったら、DVDにバイナリで入っているんだから、直接コピーしちゃえ!ということで、直接コピーしていましました(笑)
# cd /dvdrom/DebugPrg/DEBUG-PRG/opt/langtools/bin
# mkdir /tmp/pxdb
# cp ./pxdb* /tmp/pxdb
# chmod 755 /tmp/pxdb/*

さあ、これで使えるはず!!と思ったら、なんかパーミッションがダメ!と怒られる・・・。fileコマンドでファイルを見てみたら、なんとzip圧縮されているではありませんか。こりゃ思いもよらなかった(ノ∀`)

ということで、一旦ファイル名を変更してから、解凍。
# cd /tmp/pxdb
# mv pxdb pxdb.zip
# mv pxdb32 pxdb32.zip
# mv pxdb64 pxdb64.zip
# gzip -d -S .zip pxdb
# gzip -d -S .zip pxdb32
# gzip -d -S .zip pxdb64

今度こそこれで使えるはず!!と、使ってみたところ・・・正常に動きました。後はパスの通ったディレクトリにコピーして作業終了。お疲れ様デシタ(´∀`)

[HQL] カラムの値をあいまい検索する方法 解決編

後方一致がどうしてもできなくて悩み続け、早4時間ほど・・・やっと解決しました。何のことはない、初歩的なミスというか勘違いというか。カラムを固定byteで取っていたので、桁数が足りない分は後ろがスペース埋めされてDBに格納されていたせいでした。あー、こんなことに気付かないなんて・・・(;´д⊂)

ということで、クエリーを以下のように書き換えると、問題なく後方一致検索ができるようになりました。やれやれ(苦笑)
StringBuffer hqlQuery = new StringBuffer();
hqlQuery.append("select distinct usr.id, usr.name, ");
hqlQuery.append("from Usr usr ");
hqlQuery.append("where rtrim(usr.name) like :selectName");
Query query = session.createQuery(hqlQuery.toString());
query.setString("selectName", "%" + this.inputData);

ちなみに、実環境ではinputDataの中にワイルドカードが入ってくることを想定しているので、上記のような運用はしないです。上のソースはあくまでテスト用に作ったもの、ということで(笑)

・・・しっかし、HQLで正規表現を使おうと思ったら、select文が動いたときに「where文の「~」が訳わかんねーよ!」と怒られてしまって使えず。意外と不便なのであった。

[HQL] カラムの値をあいまい検索する方法

手っ取り早く、常に前方一致をかけて、文字数に関係なく「○○から始まる値」を検索するだけなら、以下の方法でOK。
StringBuffer hqlQuery = new StringBuffer();
hqlQuery.append("select distinct usr.id, usr.name, ");
hqlQuery.append("from Usr usr ");
hqlQuery.append("where usr.name like :selectName");
Query query = session.createQuery(hqlQuery.toString());
query.setString("selectName", this.inputData + "%");

さて、じゃあ後方一致はというと・・・普通は、
StringBuffer hqlQuery = new StringBuffer();
hqlQuery.append("select distinct usr.id, usr.name, ");
hqlQuery.append("from Usr usr ");
hqlQuery.append("where usr.name like :selectName");
Query query = session.createQuery(hqlQuery.toString());
query.setString("selectName", "%" + this.inputData);

で行けるはずなのですが・・・なぜか、今の開発環境ではうまく動かず。2byte文字だと動くけど、1byte文字だと動かなかったり、特定の文字のときだけ動かなかったりと、謎だらけです。困ったもんだ・・・ε=(~Д~;)

[Java] アルファベットの大文字/小文字変換

例えば、16進数でIDを自動割当しているんだけど、プログラム内ではこのIDをString型で保持しているとする。そうすると、値の比較をString型で行うと、「000a」と「000A」が違う値とされてしまう。まあ、String型で比較するんだから、違うのは当たり前。

なので、「000a」と「000A」を同じ値として比較するために、アルファベットを大文字に変換、もしくは小文字に変換する必要がある。そのやり方が、以下の通り。
String strId = "aBcD1234";

// 大文字に変換
System.out.println("大文字変換 : " + strId.toUpperCase());

// 小文字に変換
System.out.println("小文字変換 : " + strId.toLowerCase());


// 出力結果
大文字変換 : ABCD1234
小文字変換 : abcd1234

String型変数の後ろに、大文字変換なら「toUpperCase()」、小文字変換なら「toLowerCase()」をつけることで、それぞれ変換してくれる。全角文字も半角文字もOK。

新ブーストメーター

新ブーストメーター

今まで使っていた大森のブーストメーターのイルミネーションが点灯しなくなってしまったため、オートゲージのブーストメーターを購入。さっそく交換してみました。

今までのメーターは機械式なのに対し、今度のは電子式なので、若干配線が増えてしまったのと、センサーの配置に苦労しました。結局ステアリングの下あたりにセンサーを固定して、配線は電子式の油圧計と同じところにかませて、無事交換完了!エンジンをかけて、圧を掛けてみたら、ちゃんと動きました!そして、イルミネーションがカッコイイです!

ということで、オートゲージのメーターをパチリ!

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック