ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« DVDレコーダーとVHSビデオデッキ | トップページ | 親の過保護?親離れできない子供? »

産科医減少が深刻?

昨日、妊娠・出産の本を取り上げたばかりですが、なんと神戸の分娩(お産)を扱う産科医の3割は、今後10年間のうちに分娩の取り扱いをやめる意向らしい。過酷な勤務形態と、分娩時に何かあったときの訴訟への懸念が主な理由だとか。

今は妊婦さんもギリギリまで仕事をしていたり、精神的なストレスが多い社会だったり、まわりが非協力的な環境だったり、人によっていろいろな事情があって、お産が大変になる傾向もあるのでしょうか。結果、正常なお産ができなかったことで訴訟を起こされたりなんかすると、産科医は辛いでしょう。

今まで何度も取り上げてきた少子化問題ですが、こういう医療関係からも、子供を産みたくても産めない状況が見えてきます。自分が住んでいる市町村でお産に対応できる医療機関がなければ、安心して子作りもできないでしょう。

子供を「作る」ことは簡単かもしれないですが、「産む」「育てる」ことにこれだけ厳しい今の社会、少子化問題の根本的な問題に対する考えは、いまだお偉方の頭にはないことでしょうね~。

元記事
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000269382.shtml

« DVDレコーダーとVHSビデオデッキ | トップページ | 親の過保護?親離れできない子供? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189342/14258319

この記事へのトラックバック一覧です: 産科医減少が深刻?:

« DVDレコーダーとVHSビデオデッキ | トップページ | 親の過保護?親離れできない子供? »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック