ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

[Tomcat] Cadaverを使ってみる Part.2

昨日に続いて、今日は Cadaver を使ったファイル送受信シェルの作成方法などをメモメモ。

Cadaver をインストールし、自動ログインファイルの作成も終わったら、次はファイル送受信シェルの作成。パラメータで処理モード、リモートマシン、ファイル名を指定すれば、Cadaver を使ってファイルを送受信してくれる、という簡単なシェルが作れればOK。あ、一応ローカルディレクトリも指定できるようにしようかな。

ということで作ってみたのが、以下のようなシェル。

#!/bin/sh

if [ $# == 4 ]; then
  cd $4
  /usr/local/cadaver/cadaver $2 << EOF
  $1 $3
  quit
EOF
  exit 0
fi
echo "usage: file_sdrv.sh mode remote-url file-name local-dir"
exit 9

パラメータで、処理モード(put/get)、リモートマシンのURL、送受信するファイル名、ローカルディレクトリ(送信するファイルがある場所、もしくは受信するファイルを置く場所)を指定し、パラメータの数があっていれば処理を実行するだけのシェル。

パラメータの文字列チェックなどは一切なし。超簡易版ということで(笑)

一応、処理モードに 'delete' を指定すると、パラメータで指定したファイルをリモートマシンから削除することもできました。'ls' を指定すれば、指定ファイルが存在するかどうかも確認できるかもしれません。

あとはこのシェルの実行結果をファイルにリダイレクトして出力すれば、上位アプリからそのファイルを参照して送受信が成功したか失敗したかの判断ができます。ということで、ある程度の汎用性はある・・・のかな?


ちなみに、シェルで実行結果を判断するには・・・。

#!/bin/sh

if [ $# == 4 ]; then
  LOG_FILE="$3_cadaver.log"

  ./file_sdrv.sh $1 $2 $3 $4 > $LOG_FILE

  RETURN=`grep succeeded $LOG_FILE | wc -l`

  if [ "$RETURN" == 1 ]; then
    echo "$3 の $1 が完了しました。"
    rm -f $LOG_FILE
    exit 0
  else
    echo "$3 の $1 が失敗しました。"
    rm -f $LOG_FILE
    exit 9
  fi
fi
echo "usage: backup_tool.sh mode(put/get) remote-url file-name local-dir"
exit 9

こんな感じでしょうか・・・。

[Tomcat] Cadaverを使ってみる

WebDAVを使ってファイル送受信を行うツールを作成してみようと思ったのが少し前。しかし、調べてみると面倒そう。もっと手軽にできる方法はないものかと探していたら、CadaverというWebDAVクライアントがあることを知った。

このCadaver、FTPクライアントのように、処理コマンドをシェルで渡してあげるだけで、一連の処理ができるという優れものらしい。

そうと聞いたら(見たら)使ってみるしかない。さっそくダウンロードしてインストールしてみた。

まずはcadaverのダウンロード。

http://www.webdav.org/cadaver/から最新版をダウンロードします。

FTPでもsambaでも何でもいいので、インストールするマシンに転送し、解凍。

$ tar zxvf cadaver-0.22.5.tar.gz

コンパイル。

$ ./Configure
$ make

そして実行ファイルだけを /usr/local/cadaver にコピー。

# mkdir /usr/local/cadaver
# cp -a cadaver /usr/local/cadaver/cadaver

cadaverの実行ファイルを置いたディレクトリにパスを通して、とりあえずは疎通テスト。192.168.0.120にあるWebDAVサーバに接続してlsコマンドを実行してみました。

$ cadaver http://192.168.0.120/webdav/
Authentication required for Tomcat Supported Realm on server `192.168.0.120':
Username: username
Password:
dav:/webdav/> ls
Listing collection `/webdav/': succeeded.
Coll:   index.html                          2401   5月 26  2004
        tomcat-power.gif                    2324   5月 26  2004
        tomcat.gif                          1934   5月 26  2004
dav:/webdav/> quit
Connection to `192.168.0.120' closed.

どうやらちゃんと使えるようです。

続いて、自動ログインに対応させるための設定を行います。

ユーザーのホームディレクトリに .netrc というファイルを作成し、マシン情報を登録しておくだけでOKらしい。早速作成。

$ vi ~/.netrc
machine 192.168.0.120 login username password password
machine 192.168.0.121 login webdav password webdav
machine WebDAV-server login wd000100 password abcdefg

よーするに、machine [マシン名orIP] login [ユーザー名] password [ユーザーパスワード] を書いておけばいいようだ。ちなみに、「machine [マシン名orIP]」の部分を default にすると、その行に書いた情報がデフォルトで使われるようになる。ただし、defaultは一番最後の行に書かないと、default行以降は読み飛ばされてしまうので注意。

もう一度 Cadaver で接続してみると、今度はユーザー名とパスワードを聞かれることなくログインできた。

$ cadaver http://192.168.0.120/webdav/
dav:/webdav/>

これでインストールと設定が完了。さて、ではファイル送受信するツールのようなものをシェルで作成・・・するのは、次回 Part.2 にて。

たまアリでの収穫

たまアリでの収穫

開場17時半、開演18時半ではじまった、ポルノグラフィティの8th Live Circuit 『OPEN MUSIC CABINET』さいたまスーパーアリーナ公演初日が無事終わりました。

アンコールを含めて3時間のライブでしたが、足は疲れたものの、とても短く感じた3時間でした。

昨年発売されたアルバム『M-CABI』の流れをくんだ今回のライブでは、たまアリをライブハウスに変える!をテーマに、新旧織り交ぜた選曲になっていました。

今回もMCはぶっ飛んでいて、と言うか、今回は飛び過ぎでしたが(笑)
勝手に開いてしまうチャックや、晴一さんの某単語連発は、笑わせていただきました。

DVD収録があったようですが、さすがにこの辺のMCはカットされてしまうのかなぁ・・・。

さて、今回もライブ中にリボン?が飛んで来たので、ゲットしてきました。シルバーのリボンに、ポルノグラフィティとOPEN MUSIC CABINETの文字が入ったものでした。

せっかくゲットしてきたので、会場で買ってきたTシャツをバックにパチリ!

ライブ in さいたまスーパーアリーナ

ライブ in さいたまスーパーアリーナ

今日はポルノグラフィティのライブの日。さいたまスーパーアリーナまで足を運びました。

遅れないように、と、早めに家を出てみたら、意外と道が空いていて3時間ほど早く到着。じゃあブラブラしていようかと思ったら、なんとすでに長蛇の列。グッズ販売待ちの列でした。

とりあえず並んで、バッグとマグカップとTシャツを購入。

天気はいいのに、ものすごい強風の中、とりあえずたまアリをパチリ!

カーナビの取り付け

先日買ったカーナビが届いたので、早速取り付け作業をしました。


まずは、もともとついていたKENWOODのカーナビを取り外すため、車のオーディオを一旦全て外し、ナビの配線をたどっていきます。オーディオの後ろは配線がめちゃくちゃになっていて、ナビの配線だけを外すのがきつかったので、一旦全ての配線を外してみました。

配線さえ外せられれば、後は配線をたどってナビの本体を見つけ出して、取り外すだけ。ところどころ内装を剥がしながら、1時間ほどかけて古いナビの取り外しが完了しました。


さて、全て外してすっきりしたところで、次は新しいナビの取り付け。

今回のPanasonicのCN-DS120Dというナビは持ち運びができるタイプなので、配線はGPSアンテナと、FM多重用アンテナと、電源&サイドブレーキの3つだけ。

GPSアンテナはダッシュボードの左隅に配置し、ダッシュボードの中に配線を通してオーディオの後ろへ。

FM多重用アンテナはフィルムタイプなので、フロントガラス左上にぺたりと。配線はピラーの中からダッシュボードの中へ引き込んで、GPSアンテナと同じくオーディオの後ろへ。

電源&サイドブレーキケーブルは、電源ケーブルをシガーライターのソケットに挿し、サイドブレーキケーブルをアクセサリー電源へ。(サイドブレーキを引いている状態は12Vが流れていると思っていたため)

3本のケーブルは、まとめてオーディオパネルの脇から出して、ダッシュボードに取り付けたナビ本体につないで作業は終了。エンジンをかけてナビの電源を入れてみると、どうやら正常に動いているよう。さっそく新しいナビの動きを見るために、相方を隣に乗せて近所を回ってみました。


さすがに10年もののナビと違って、画面は綺麗だし色合いもカラフル。満足しつつナビを操作しようとすると・・・操作できません。ドライブ中は操作しちゃダメ、みたいなメッセージが表示されます。どうやらサイドブレーキの配線を間違えていた模様。

サイドブレーキを引いた状態=12V電源が流れている状態、ではなく、サイドブレーキを引いた状態=0V、が正しかったようです。(そうだったっけ?)

ということで、サイドブレーキ配線をアース配線につないだら無事操作もできるようになりました。

他の配線で同じような間違いをしていたら、車を壊してしまいかねないので気をつけないと・・・。


そんなこんなで、無事作業も終了。自宅の設定も終わらせてから、軽くドライブに行ってきました。


ポータブルタイプなので車速パルスなどを取らず、GPSの情報のみで自車位置を測定するため、どうしても走行位置が微妙にずれるのと、ゆっくり走りながら交差点を曲がったりすると位置の測定が間引かれることが多い感じです。別売りの自立航法ユニットをつければそういう部分も改善されると思いますが、そこまでするならポータブルタイプじゃなくて据え置きタイプ?を買ったほうがいいし・・・。

一応VICSビーコンユニットは注文しましたが、VICSに関しては付属のフィルムアンテナでも十分だったかもしれないです。今までのナビでVICSが動いていなかったので、渋滞情報を表示してくれるだけで感動モノでした(笑)

トータルで見れば、買ってよかったな、というナビでした。ただ・・・交差点の拡大表示などは、SANYOのゴリラの方がいいかも・・・。

カーナビついに寿命か

我が愛車についているカーナビが、ここ最近になってかなり不調になってきてしまいました。今の車を中古で買ったときから、すでにDVDの読み込みが怪しかったのですが、最近はほぼルート探索は失敗するくらいに。

そして極めつけは、画面が赤くなったり青くなったりすること。どうやらモニタ内部のRGBそれぞれの接触が悪いらしく、車の振動でいろんな色に変化します。たま~に正常な色に戻ることもありますが(笑)

おそらく新車で買ったときのディーラーオプションのカーナビで、地図データもかなり古く(平成10年版)、道なき道を走っていることも多いくらいです。

さすがにもう寿命かな、と思い、ここは思い切ってカーナビを新調することにしました。といっても、あまりお金は出せないので、SANYOのミニゴリラあたりを買おうかな、と。

そこで、ミニゴリラの資料をあさっていたところ、なんとミニゴリラと同じくらいの値段で、PanasonicのDVDポータブルナビを発見。画面はワイド7インチで、DVDプレイヤーとしての機能もある模様。そして、ポータブルナビということで、2台の車で共有できるように、共有キットまで出ているとのこと。

手のひらサイズのナビはお手軽だけど、正直運転中に4.5インチの画面は見辛いし操作し辛いだろう、ということで、Panasonicのナビを買うことにしました。型番はCN-DS120Dで、お値段は7万円弱。

さて、我が家では昔から、Panasonicの電化製品を買うと、もれなく1年以内に故障するというジンクスがあるのですが、今回のカーナビもそのジンクスに当てはまってしまうかどうか。家電じゃなくてカー用品ということで、ジンクスから外れてくれることを祈りつつ、まずは届くのを楽しみにしています(´―`)

[Solaris] Solarisサーバの謎 <追記編>

昨日、電源管理デーモン(powerd)の設定ファイルのautoshutdownをコメントアウトした結果、どうやら今日はサスペンドモードに入っていなかった模様。

ということで、設定が合っていたのかな。と思いきや、autopmの設定もどうやら必要だった模様。むしろ、/etc/power.confには、以下のエントリだけ記述しておけばいいらしい。

autopm          disable

このエントリのみにすることで、低電力モードを使わず、常にフルパワーで動作するようになるということだ。サーバ用途がメインのOSなんだから、デフォルト設定でフルパワーにして欲しいものだ。

・・・と思ったけど、もしかして・・・ちゃんと設定をするまでは一定時間でサスペンドにすることで、外部からの思わぬ攻撃を最小限に食い止める、という意味があるのかな~。管理者がきちんとセキュリティに関する設定を行い、自分の手でフルパワーモードに変更することで「セットアップ完了!」とする、という意味があるのかな、なんてね。

何はともあれ、これで無事サーバとして稼動させることができました。

あ、設定ファイルを書き換えた後は、pmconfigを忘れずに(笑)

[Solaris] Solarisサーバの謎 <解決編>

先日記事にしたSolarisサーバの謎が、どうやら解決した模様。

Solarisには電源管理をするデーモン(powerd)がいて、そのデーモンが自動でサスペンドモードにしてしまっていたらしい。実際、このデーモンのconfigファイルを開いてみると、

device-dependency-property removable-media /dev/fb
autopm           default
statefile        //.CPR
# Auto-Shutdown  Idle(min) Start/Finish(hh:mm) Behavior
autoshutdown     30        9:00 9:00           default

という記述になっていて、確かにautoshutdownという項目が設定されている。この設定だと、朝の9時にチェックをして、30分間アイドル状態が続くとサスペンドするってことなのかな・・・?

しっかし、本来サーバとして稼動させることが目的だと思われるSolarisが、なんでこんな設定をデフォルトにしているんだろう?サーバが落ちてしまったら、サーバとして使えないじゃないか(笑)

ということで、autoshutdownの行をコメントアウトして、設定を有効にするためのコマンドを実行。

# pmconfig

明日になってみないと結果はわかりませんが、manやマニュアルなどを見た限りでは、これで解決しそうです。なので、少し気が早いですが解決編でした。もしこれでも改善しなければ、後日<解決編2>という記事を書くことになりそうです(ノ∀`)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック