ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

W53Tに不具合

どうやらヒンジ部分が弱いらしく、何度も開いたり閉じたりを繰り返していると、部品が破損して緩くなってしまうらしい。その結果、閉じたままにしておいたり、開いたままにしておくことができなくなるとか。

ということで無償交換してくれるらしいけど、また全部設定し直すの面倒・・・。

それに、microSDに移動できない着うたとかはどうなるんだろ?DoCoMoの場合は「もう一度購入してください」だったけど、auもそうなのかな。こちらに非があるわけでもないのに、なんでまた購入しないといけないんだよ!と、DoCoMoのときは店員に言ったこともあったっけ。

返ってきた答えは「仕様ですから」。

その頃は着メロしかなかったので、まあしょうがないか・・・と諦めたけど、着うたって何気に高いから、また買え、なんて言われたら文句のひとつも言いたくなるよ?

・・・と言うものの、実は自分はmicroSDに移動できない着うたは持っていないので、問題なし。着メロは移動できないものがいくつかあるので、それが困るくらいかなぁ。

使いにくいカメラ機能

先日、携帯をW53Tに変えてからというもの、どうもカメラ機能が使いにくい。

オートフォーカスがついているため、サイドボタンで撮影する場合は半押しでピントを合わせ、そのままボタンを押し込めば撮影になる。

しかし、ダイヤルキー側のセンターボタンで撮影しようとすると、ボタンを押してからオートフォーカスが働き、2秒くらい遅れて撮影されるのだ。

以前使っていたW31CAもオートフォーカスがついていたものの、センターボタンで撮影するときはオートフォーカスが働かなかったため、非常に撮影しやすかった。

設定でオートフォーカス機能を使わないようにすることはできるけど、そうするとサイドボタンでもオートフォーカスが使えないので不便極まりない。

そして、画像の荒さと暗さ。晴れた日に風景などを撮るには問題ないのに、曇った日や、屋内での撮影はかなり暗い写真になる。W44Tでは周りが多少暗くてもそこそこに撮れたのに、W53Tはものすごい暗い。これも明るさ設定などを変えればいい話だけど・・・。

今までの携帯では、特に設定をしなくてもできていたことが、最新機種ではいちいち設定しないといけないのが面倒。シャッタースピードも遅いから、動くものを撮るとありえないくらいブレる。

もともとは「携帯電話」なんだから、カメラ機能はあくまでおまけ、と考えるべきなのかな~・・・。

ゼルダの伝説を求めて

23日に、ニンテンドーDS用ゲーム「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」が発売された。

ゼルダ好きなうちの相方、発売日には買わなかったものの、やっぱり欲しいということで、近所のゲームショップへ行ってみた。

我が家から一番近いオドロキグーは、前にいろいろあったので避け、少し離れたオドロキグーへ行ってみた。

見事に売り切れ。

しょうがないので、もうちょっと離れたところのオドロキグーへ。

どうやら売り切れらしい。

さらに離れたところにある、ジーイーオーへ。

ここでも売り切れ。

半分諦めつつ、家の近くのニシトモの中にあるゲーム販売コーナーへ。

品切れ中、の文字。

やはりゼルダは人気があるようで、どこも品切れになってしまっているらしい。こうなったらネットで買うか、入荷待ちするしかないね、と話しつつ・・・あまり乗り気じゃないし、どうせ売り切れだと思うけど・・・ということで、家から一番近いオドロキグーへ。

なぜかたくさんの在庫が。

この際しょうがないか、ということで、一番買いたくない店で購入することに。

問題のある店だから、利用したいと思う人があまりいないのだろうか。まさか、どこの店でも品切れの商品がたくさん残っているとは思わなかった・・・。

今は無き親友のチェイサー

昔のPCのバックアップディスクを見ていたところ、昨日自分のJZX100につけたバンパーの元の持ち主、親友のJZX100チェイサーの写真が出てきました。

ちょうどAIRMAXのフルエアロ装着状態だったので、ナンバーを消して、サイズを小さくして、ご紹介をば。

後ろから
AIRMAXフルエアロ後ろから

前から
AIRMAXフルエアロ前から

この親友のチェイサーは、今、自分が乗っているチェイサーと同じく前期型の最終年度型で、購入時は走行距離16,000kmくらいのかなり程度のいいものでした。

その後、AACの本革スポーツシートを入れたり、マナレイのディープリムホイールを履いたり。当時自分はJZX90でしたが、同じスポーツ系でありがなら、微妙に違った方向へいじっていきました。

いろいろあって、今は他の人の手に渡っていますが、このチェイサーがきっかけで180SXからJZX90に乗り換えたという、自分にとっても思い出のある車でした。

この写真を撮ったときについでに撮った、自分のJZX90の写真もあったので、おまけでご紹介(笑)

今は無きJZX90
AERO MONSTERのバンパー

チェイサーのバンパー交換

納車時から装着していたGOODLINEのフロントアンダーがぼろぼろになっていたので、実家の車庫に眠っているAIRMAXのバンスポに交換することにしました。

実は納車当日、実家の駐車場に入ろうとしたときに、ちょっと盛り上がっていた下水道用のフタにひっかけてしまい、フロントアンダーの真ん中辺を割ってしまいました。その後、車高が低すぎたためにいろんなところで擦ったりひっかけたりして、5分割にできそうなくらいそこら中が割れていたのでした。

その後、車検に通るくらいまで車高を上げてからは、そんなに擦ったりすることもなくなったのですが、時すでに遅し。スニーカーの紐で縛って、なんとか落ちないように止めていたものの、そろそろ限界そうだったのが交換するに思い立ったきっかけでした。

実は実家の車庫に眠っているAIRMAXのバンスポは、高校以来の親友から、JZX90に乗っている頃に譲り受けたもの。かなり大きくて低くなるデザインのバンスポのため、仕事で車を使う彼には手に余るものだったようで、加工してJZX90につけてみたら?ということでした。結局加工してもJZX90には取り付けが無理、ということで車庫に眠らせていたバンスポが、再び日の目を見ることになりました(笑)

その親友はフロント、サイド、リア全てAIRMAXで統一していましたが、かなり迫力のあるデザインで、カッコ良かったのを覚えています。残念ながらリアバンパーが真っ二つになってしまう事件があったので、譲り受けたのはフロントとサイドだけ。まあ、もしもリアがあったとしても、自宅の駐車場に止められなくなるので・・・。

ということで、早速GOODLINEのフロントアンダーを取り外し、次に純正バンパーを取り外し、AIRMAXのフロントバンパーを取り付けました。

実はこのバンパーをつけるとき、前置きインタークーラーのパイプに干渉してしまい、フロント開口部の両端をかなり削り(割り)ました。やっとパイプ部分が収まったと思ったら、今度は開口部の下側がインタークーラーの下側にわずかだけ干渉してしまって、バンパーの固定ねじがもうちょっとで届かない!

下側は削りたくなかったので、親父にバンパーを押してもらって、強引に取り付けました。2年近く立て掛けて保管していたせいもあってか、一箇所どうしても固定ねじが取り付けられなかったので、そこは諦めてタイラップ留め。外れなければいいや、ということで。

さて、いざ取り付けてみると、結構でかい。フロント側から見ると、若干横に広がるデザインなので、見方によっては車体が一回り大きくなったようにも見えます。

今回は時間の余裕があまりなかったので、とりあえずフロントだけ交換。次回サイドステップも交換する予定です。

AIRMAXのフロントバンパー

ワンセグ本領発揮

自宅では全く使い物にならなかった、携帯のEZテレビ(ワンセグ)。

東京都内はほとんど全てのチャンネルがワンセグ対応になっているとのことなので、昼休みにさっそく会社でEZテレビを起動してみました。

起動して、ほとんど一瞬のうちに携帯の画面に映像が流れてきました。チャンネルを変えても、ほとんどテレビを操作しているのと変わらないくらい。

ということで、チャンネルをフジテレビに合わせて、自分のデスクでお昼を食べながら「いいとも」を観ていました(笑)

ただ、会社なので音を出すわけにはいかず、映像だけの寂しいテレビとなりました。まあ、会社に来てまでテレビが観たいわけではないので、ワンセグ体験ということで。

はやく自宅でも入るようになればいいなぁ・・・(´Д`)

子供の命、何よりも重くあれ

子供の頃から親に言われてきました。家がどうなっても、日本がどうなっても、自分の命に代えてもお前たちは助ける、と。親は命がけで子供を護るものだ、と。

しかし、最近の「親」は、子供よりも自分のことを優先する人が多い気がする。子供を車内に放置してパチンコをしたり、子供を一人家に残してスノーボードに行ったり・・・家族に知られるのが困るからと、産まれたばかりの子供を殴り殺したり。

千葉県で、またも子供が親に殺される事件があった。

まだ18歳というこの親は、家族に知られると困るから、産んだばかりの子供をバスタオルに包んで殴り殺し、ポリ袋に入れて雑木林に捨てたという。この行為は、親に非ず、というより、人に非ず。

親になるだけの資格(この場合の資格は、意識だったり財力だったり)もないものが、安易に「避妊をしない性交渉」をするから、こういうことが起きるのではないか。

また、その背景には、雑誌や深夜番組などのマスメディアによる性行為の低年齢化を加速させていることも、少なからず影響があると思う。初体験は○○歳でした~、とか、高校卒業までには経験していないと~、とか。そして、それらを鵜呑みにする中学・高校生。

別に性行為をするな、とは誰も言わない。ただ、子供ができてしまったことへの責任が果たせないのであれば、最低限、正しい避妊をすることなどが必要(ただし、正しい避妊をしても、100%妊娠しないとは言えないらしい)。己の欲を満たすだけで、その後のことを考えないことの浅はかさが、今回のような事件につながるのではないか。

そして、片や子供が欲しくても、なかなかできない人たちもいる。不妊症に悩み、多大なお金をかけて不妊治療を行っている人たちもいる。そんな人たちから見たら、こういう事件を見るたびに、ただならぬ怒りを覚えることだろう。そうでなくても、正常な人間なら、怒りを覚えないはずはないと思う。

おちゃらけて書ける記事ではなかったので、お硬く真面目に書いてみました。


元記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000148-jij-soci

なんか微妙だなぁ

自動車の排気ガスが原因でぜんそくになったから、自動車メーカーを損害賠償で訴えているらしい。

東京は人口が多いから、必然的に交通量なども多くなるわけだし、そもそも自動車の排気ガス以外にも様々な要因があるとも思えます。そういう意味で、東京という場所は、いわば特化した劣悪環境とも言えるような気がします。

そういう場所に住んでる、もしくは通っているのであれば、やはりある程度の自衛も必要なんじゃないかな、と思います。

ちなみに、自分は今の会社に入って2年ほど経ちますが、やはり会社が都心にあるせいか、空気の悪さや気持ち悪さがとても気になります。特に夏の、あのまとわりつくような空気。そして、季節に関係なく、長時間外にいるとなんとなく具合が悪くなります。

かと言って、会社内も、換気をしているとはいえ、空気は悪いですが・・・。

さて、自動車メーカー7社からは、見舞金として数億円、一人当たりに換算すると数十万円という金額を提示したそうです。その金額に対して、原告側は金額が低すぎて話にならない、と反発している模様。

ぜんそくは辛いものだし、排気ガスによってぜんそくになってしまったということで、賠償金が欲しいのはわかりますが、なんとなく「取れるものは取ってやる」的なイメージがして、「なんだかなぁ」といった印象です。

原告の約600人は排気ガスのことで訴えているんだから、やはり車は利用しないんでしょうね。訴えるくらいだから、もちろん身内に車を所有している家庭もないですよね。あまり良いイメージのしない訴訟なので、こういうひねくれた事も言いたくなります。

だって、「自分は車を利用します。でも排気ガスでぜんそくになりました。だから自動車メーカーを訴えます。」っていうのは、「自分はタバコを吸います。タバコを吸ったから肺がんになりました。だからタバコメーカーを訴えます。」って言うのと似ているような気がしますし。

と言うことは、副流煙で肺がんになったら、タバコメーカーを訴えることができるのかな。それが証明されれば、の話ですが。だんだん訴訟がアメリカっぽくなってきている気がします。

でも、ディーゼル車は早急に何とかして欲しいと思います。特に大型トラック。あの真っ黒い排気ガスの酷さは、めまいがしてきます。

とまあ、今は他人事だから「なんだかなぁ」なんて言っていられますが、もし自分が排気ガスのせいでぜんそくになったら、同じように「なんだかなぁ」なんて言っていられるかどうかはわかりません。さすがに訴訟まで起こそうとは思いませんが・・・。


元記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000034-san-soci

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック