ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

[PSP] 新型PSP

新型PSP

20日に薄型軽量の新型PSPが発売され、結構売れているらしい?

相方が欲しいというので、近所のゲームショップを回ってみましたが、どこも売り切れでした。

たまたま在庫があっても、ホワイトとかシルバーで、ピンクやブルーはどこにもありません。

ピンクに至っては、予約しても次回入荷未定だとか。

しょうがないので、ダメ元で、少し足をのばして行ったゲームショップの2階にあるトイザ○スに行ってみると、なんと全色在庫あり。しかも結構な数がありました。

さっそく相方は欲しかったピンクを購入。

意外とおもちゃ屋は盲点のようでした。

ということで、さっそく開封した新型PSPをパチリ!

[MySQL] MySQL 5.0のインストール

サーバを移動してPHP+MySQLが使えるようになったので、今までPerl+TXTファイルで作成していたツール郡をPHP+MySQLに移植することにしました。すでに一部ツール郡の移植は終わっています。

しかし、ローカルPCではPHPを使えるようにしたものの、まだMySQLが入っていないので、動作確認は常にサーバにアップロードして行っていました。これが非常に面倒。

なので、ローカルマシンにMySQLをインストールしてみました。そのときの手順を忘れないようにメモメモ。


まず、MySQL 5.0 for Win32のダウンロード。

MySQL Downloadのページから「MySQL Community Server」のダウンロードボタンをクリックし、「Windows ZIP/Setup.EXE (x86)」をダウンロード。

何やらユーザー登録っぽいものが必要ですが、まあ適当に。ただし、ウソを書いたらダメですよ、たぶん(笑)


ダウンロードが完了したら、セットアップファイルを解凍して実行。とりあえず最低限使えればいいので、Typicalでインストール。


インストーラーから引き続き、MySQLの環境設定に進みます。環境設定に進まなかった場合は、スタートメニューから「MySQL Server Instance Config Wizard」を起動すればよい。

以下、設定項目がいくつかあるので、最初の画面を除いて箇条書きで。
  1. Detailed Configurationを選択
  2. Developer Machineを選択
  3. Multi Function Databaseを選択
  4. DBのデータを作成する場所を指定
  5. Decisison Support(DSS)/OLAPを選択
  6. デフォルトのまま
  7. Manual Selected Default Character Set/Collationでeucjpを選択
  8. Install As Windows ServiceとInclue Bin Directory in Windows PATHにチェック
  9. Modify Security Settingsをチェックしてパスワードを入力
  10. Executeをクリックし、設定を反映させる
7ページ目で文字コードをEUCにしていますが、通常Windows上で使うときはShift-JISを使ったほうがいいかもしれません。


インストールと環境設定が終わったら、次はDBとDBユーザーの作成。


スタートメニューから「MySQL Command Line Client」を起動。

コマンドプロンプトの画面が開いてパスワードを聞かれるので、MySQLの環境設定時に指定したパスワードを入力する。

まずはDBの作成。DB名を仮に「sample_db」とします。
mysql> create database sample_db;

正常に作成されると、画面には「Query OK, 1 row affected (0.00 sec)」という感じでメッセージが表示されます。

今、作成したDBがちゃんと存在するか確認。
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| test               |
| sample_db          |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

こんな感じで表示されればOK。

ちなみにDBを削除するときは、
mysql> drop database sample_db;

とすればよい。

最後に、DBユーザーを作成。常にルートユーザー(管理者)でDBを扱うわけにはいかないので、一般ユーザーを作成します。
mysql> grant select, insert, delete, update, create, drop, file, alter, index on *.* to user_name identified by 'password';
mysql> flush privileges;

user_nameをユーザー名、passwordをパスワードに置き換えればOK。これでMySQLの準備は完了!

これで動作確認がローカルマシンからできるので便利になる予定。あくまで予定。予定は未定。

でも、もうちょっと便利になるように、ブラウザからMySQLを操作できるphpMyAdminをインストールしたい・・・けど、今回は時間的余裕がないので、それはまたの機会に(笑)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック