ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

当たらぬムチ

先月にセオドア編をクリアしたまま放置状態だった携帯電話用ファイナルファンタジーIV。足りない分のチケットを購入(課金)して、リディア編をダウンロードしてみました。

ヤン編もあったけど、とりあえず発売順にやってみようかな、と。

リディア編は幻獣の洞窟から始まったのですか、最初は回復ポイントがなくて、回復アイテムもあまりなくて、でも黒魔法を使わないと戦闘がきつくて。特に、リディアの通常攻撃が当たりにくく、ゴブリン相手に10回連続ミスなんてこともありました。

蛾みたい敵にも全然当たらないし・・・。

拾ったエーテルをがぶ飲みしながら、セーブポイントではテントを使い果たし、何とか幻獣の洞窟を抜けることができましたが・・・何だか難易度の高いゲームだなぁ、という印象。

セオドアのときは敵の攻撃力に泣かされ、リディアでは敵の回避率に泣かされ、ヤンは何に泣かされるんだろう?(笑)

某敷金礼金ゼロ会社のその後

以前取り上げた問題です。

しばらく KC's のサイトを見に行っていなかったのですが、どうやらその後、某敷金礼金ゼロ会社からの回答があったようです。

読んでみると、まず思ったのが「なんか汚いな」という感想。

まず、約款が昨年末に改訂されたらしいですが、改訂されたこと自体、どこでも確認ができないこと。この会社のウェブサイトを見ても書いていないし、当然居住者に連絡があるわけでもない。それこそ、「知らない間に勝手に変わっていた約款」といったところ。

で、約款が変わっていることを公表しないまま、「古い約款に文句を言われましても・・・」というような回答になっている。

次に、システム料金に関して。

契約時に、システム料金がどういったもので、どういった理由で払わないといけないのかを担当の人に聞いてみたら、「規則でいただくことになっておりますので」というだけで、具体的な説明がまったくなかった。理不尽だったけど、どうしてもすぐに入居できないと困る理由があったので、契約はしましたが。

このシステム料金に関しての説明が回答書にはしっかり記載されていましたが、その説明をなぜ、契約時にしないのか。ちゃんと説明があれば、まだ今のような理不尽さはなかったと思う。むしろ、契約者に説明する義務があるのでは?

そして、この会社は入居契約するときはとてもいい顔をしているが、一旦入居してしまえば、あとはほったらかし。苦情を出しても、ほとんど対応してくれないし。担当者のミスをこちらのせいにされたこともあるし(お客様が勘違いされていたんですよ、と結論付けされた)。

今回の回答書を見て、この会社に対するイメージがさらに悪化しました。風評被害が出ていると書いてあったけど、風評被害が出ないと、徴収している料金の説明もできないのか・・・。

最近のニュースって・・・

最近のニュースって、どうでもいいことだったり、そんなことくらいで、って思うようなことが取り上げられていたりしてびっくりすることが多いです。

あと、注意していれば防げるんじゃないかと思える事故とか。

例の、エレベーターで指を切断した事故。昔だったら、親がちゃんと見ていないからいけないんだ!などと言われていたのに、今はエレベーターの安全対策に問題がなかったか調査だもんなぁ。

で、ちょっとでも店側に非があったりすると、みんなで総攻撃するかのごとくバッシングするし。

「自衛」とか「親の監督責任(親の監督不行届)」って言葉は、今や死語なのかなぁ。親が責任を果たさずに、権利だけを主張している、みたいな。

で、今日の Yahoo! ニュースにはこんな記事がありました。Yahoo! ニュースは一定期間が過ぎると記事が見られなくなるようなので、今回から記事の一部を引用(転載?)してみます。


<通知表>横浜市立中で記載ミス 「計算力を向上させ魔性」

 横浜市港北区の市立新田中学校(示野章子校長)で今年3月、1年生の学年末通知表で「計算力を向上させ魔性(ましょう)」などの記載ミスが見つかり、生徒58人に訂正版を配布していたことが分かった。教諭3人がパソコンで作った元データからコピーする際に誤った。学校側は3月末に保護者の指摘で気づいて謝罪したが、「魔性」と誤記載された女子生徒の父親は「誰でも間違いはあるが、ミスを見過ごした学校全体に不信感を抱く」と批判している。


変換ミスの漢字が、あまりいいイメージを持つ漢字ではないせいもありそうですが、変換ミスに対してニュースにするほどのことなんだろうか?正直なところ、「誰だってミスはあるんだから、それくらい笑って許してあげなよ。」という気持ち。

そして、この父親には嫌悪感を抱く。むしろ、こんなことで学校全体に不信感を抱けるこの父親って、肝っ玉が小さいというか、堪忍袋に穴が開いているというか、他人を蹴落として自分を強く見せたいというか。

こういう親を総称して、モンスターペアレントというんだっけ。ホント、ある意味モンスターですな(笑)

そんな自分も、このブログではよく人や物事を批判するような記事を書いているけれど、ここまで酷いのは始めて見たかもしれない・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000078-mai-soci

今の社会って、国を挙げて子供を「過保護」に育てることを推奨しているのかな。考えることをしない人、人の痛みを知らない人が増えて。その代償は、いずれ大きなツケとなって返ってくるような気がします。

[PHP] クラス化

今の会社の方針のおかげか、自分が趣味で作っているスクリプトやプログラムなんかもできるだけ共通化できる作りにしています。共通化しておけば、次に何かを作るときには共通化したメソッドを使えば製作期間の大幅短縮になるし、その部分のデバッグがある程度省略できるし。

PHP でも、今までで一度でも使ったことがある処理はできるだけ共通メソッド化していましたが、PHP はクラスが扱えると言うことで、全てをクラス化してみることにしました。

クラス化することのメリットは、クラスが異なれば同じメソッド名が扱えるとか、クラス変数が使えるようになって便利とか、自分が作ったものへの恩恵はそれくらいしかないような気がしますが・・・(笑)

でもほら、クラスを扱っているってだけで、ソースを見たときにちょっとカッコイイ感じがしませんか?(不純な動機だ・・・)

一応、人に見せられるくらいのレベルには作っているはずなので、一度会社の開発部長さんにでもソースレビューをお願いしてみたいものだなぁ。さすがに個人趣味のものだから、そんなことは無理ですけど(笑)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック