ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« Windowsのライセンス | トップページ | [PS3] 頭文字D Ex. »

debianに日本語環境を

debian上で日本語を使う必要が出てきたので、日本語環境をセットアップ。後で同じ作業をするときのために、メモメモ。

まず、localeをインストール。

# apt-get install locales util-linux-locales

インストール中に、何を生成するか聞かれるので、JPのUTF-8と、JPのEUCと、ENのUTF-8を選択。デフォルトは今回使うEUC-JPに。

通常はこれでいいらしいのですが、なぜか作業した環境では反映されず、localeコマンドを叩いてもLANGがPOSIXになったまま。しょうがないので、

# dpkg-reconfigure locales

として、もう一度ロケールの生成。生成後、念のために

# update-locale LANG=ja_JP.EUC-JP

としたところ、なんとupdate-localeが見つかりません、と。うーむ、何でだろう。しょうがないので、手書きでデフォルトロケールのファイルを生成。

# cat /etc/default/locale
LANG=ja_JP.EUC-JP

マシンをリブートしてlocaleコマンドを試したところ、無事EUC-JPになっていました。アプリから確認しても、EUC-JPになっていることが確認できたので、これでヨシとしよう!

しっかし、RedHatに慣れているせいか、debianは使いにくい・・・。

« Windowsのライセンス | トップページ | [PS3] 頭文字D Ex. »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189342/42557476

この記事へのトラックバック一覧です: debianに日本語環境を:

« Windowsのライセンス | トップページ | [PS3] 頭文字D Ex. »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック