ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

グラボを入れ替える

GatewayのノートPCをWindowsXPにダウングレードするべく、2.5インチSATAのハードディスクを探しに某PC店へ行ってみると、なんと週末特価品にRadeonHD4850のグラボ(玄人志向のRH4850-E512HW)が3枚限定14,800円で出ていたため、悩んだ挙句2枚購入しました。相方PCと自分PC用。

相方のPCがRadeonHD3450で、自分のPCがGeForce8600GTなので、それなりに性能アップになるかな、と。

さっそく帰宅して、今使っているグラボと差し替えて、ドライバを入れてみると……まあ、Windowsを普通に使う分には全く変化なし。むしろ自分のモニタはGeForceに色を合わせていたせいか、Radeonにしたらやたら赤っぽい色合いに。

そして、PC内の温度の上がり方が大きくなりました。

ここしばらくは、FFやルニアをプレイしていても28度くらいで安定していたのに、RadeonHD4850にしただけで38度くらいまで上がるように。あくまでケース内温度なので、グラボ付近はもっと高温になっているのかも。

この時期はいいけど、真夏の温度が気になる…。

Radeonは温度が上がりやすい、とは良く聞いていたけど、ここまで違うとは思いませんでした。

でも、価格.comで値段を調べてみると、最安値でも19,000円くらいになっていたので、お買い得だったのは間違いない!

DOS用バッチファイル

今さらながら驚かされました。MS-DOS(DOSプロンプト)用バッチファイルの謎。そもそも、DOSバッチなんて何かのアプリの起動用とか、ファイル名の一括変換などでしか書いたことがなくて、UNIX/Linuxのシェルスクリプトみたいなことをやろうなんて思ったこともなかったもので。

ですが、今回のプロジェクトで、UNIX上のシェルスクリプトと、全く同じ動きをするDOSバッチを作成する必要があったので、いろいろと調べながら書いていきました。

で、一番驚いたのが、スラッシュ'/'とエンマーク'¥'の違い。

例えば、以下のようなバッチファイルを書いたとします。

@echo off
DIR=c:\usr
for %%i in ("%DIR%\*.txt") do echo %%i

c:\usr ディレクトリには、000.txt から 005.txt までの6つのファイルが存在していた場合、当然結果は

c:\usr\000.txt
c:\usr\001.txt
c:\usr\002.txt
c:\usr\003.txt
c:\usr\004.txt
c:\usr\005.txt

となるわけです。しかし、これを以下のような書き方に変更すると

@echo off
DIR=/usr
for %%i in ("%DIR%/*.txt") do echo %%i

結果は、

000.txt
001.txt
002.txt
003.txt
004.txt
005.txt

となってしまうわけです。

¥マークで指定するとフルパスで結果が返り、/マークで指定するとファイル名のみが返る。なんでだろーなんでだろー。

ということで、今さらかもしれませんが、新発見でした。

ファイルサーバ設置

LANDISKのアクセスの遅さにとにかく嫌気がさしたので、ファイルサーバを設置してみました。と言っても、新規に買ってきたのは特売のSATAハードディスク1TBのみ。PC自体は、余ったパーツを寄せ集めて組んだもの。Celeron520の1.6GHzに、メモリが512MBという、今どきのロースペックモデル以下の性能ですが、ファイルサーバとして使うには十分すぎ。

40GBしかないプライマリのHDDにWindows2000 Serverをインストールして、1TBのHDDはセカンダリに。そして共有の設定やユーザーの設定などをして、ファイルサーバ自体はすぐに構築完了。

あとはLANDISKからデータを全て移せば…。でも、LANDISKが遅すぎて、コピーが終わったのは約12時間後でした。

続いてバックアップも全部取り直しておこうと、USBでつないだHDDに100GB分のデータをコピーしたら、こちらは3時間ほどで終了。同じデータ量なのにこの時間の差は…やっぱり、お手軽で安価なNASサーバとして使えるLANDISKと、普通のPCを使ったファイルサーバを比べちゃいけません(´Д`)

バックアップも終わった後は、LANDISKをばらしてHDDだけ取り出し、後はごにょごにょ…。取り出したHDDを外付けキットに収めて、動画編集のテンポラリ用として使うことにしました。

さて、1TBのディスクがいっぱいになるのは、一体いつになることやら(笑)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック