ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

Labelflash

先日サーバPCを再構築するときに、ついでにメインPC用にLabelflashに対応したドライブも一緒に購入していたのですが、昨日やっとLabelflashを試してみました。

Labelflash対応のメディアは現在1社からしか発売していないらしく、おかげでメディア単価も結構高い。5枚セットでも1,300円ほどでした。

Labelflashってのは、ディスクのレーベル面に絵や文字をレーザー光でプリントすることができるもの。Labelflash対応メディアのレーベル面は青いので、透明感のある青いレーベルが出来上がる。

技術的にはLightScribeと同じっぽいけど、こちらはレーベル面に特殊なインクが塗布されていて、それをレーザー光で黒色化させるのに対し、Labelflashはポリカーボネート層の下にある描画層をレーザー光で透明化させて描画するもの。

どちらも一長一短があるけれど、LightScribe対応のメディアがほとんど店頭にないので、今回はLabelflashを選んでみました。

とりあえず、自分がネットなどで調べた限りでのそれぞれの長所と短所は以下のような感じ。

Labelflash
  • 描画層が表面にないため汚れや傷がつかない
  • DVD-R記録面の未記録領域にも書込みが出来る
  • 対応メディアが入手しやすい
  • メディアが富士フイルム1社からしか発売されていない
  • データ用DVD-R(1層)しかない
  • プリント結果のコントラストが薄い

LightScribe
  • 淡金色の地に黒色で描画するためコントラストがはっきりしている
  • DVD-RメディアのみではなくCD-Rメディアも発売している
  • いくつかのメーカーが対応メディアを発売している
  • 描画面が表面のため汚れや傷がつく
  • 対応メディアを扱っている店が少ない
  • メディアの品質が悪いものが多い

実際に使ってみて、Labelflashは確かにコントラストがちょっときついかも。元となる写真や絵はできるだけコントラストを強めにして、描画するときに指定できるコントラストも少し強めにした方がよさそう…?

何しろメディアが高いから、気軽に試せるものでもないし、この辺は気長に試してみるしかないかなぁ。

とりあえず言えることは、プリンタを持っているなら、1枚100円ほどで購入できるウォーターシールドタイプのCD-R/DVD-Rの方がいいんじゃないかということ。水に強いし、写真画質で印刷できるので見た目は綺麗。ただ、業務用販売の店じゃないとウォーターシールドメディアはお目にかかれないかもしれないのが欠点かな。

でも、何だかんだ言いながらも、Labelflashで描画したレーベル面の透明感のある綺麗さは、特に長期保存用におすすめ!

[PHP] 無限ループ地獄

久しぶりにやってしまいました。無限ループ地獄。PCのCPUは100%状態になり、コミットチャージの欄も4800MB/5200MBなんてところまで行っていました。

そもそも、なんで無限ループなんか起こしてしまったのかというと…繰り返し文でのミスが原因でした。

車のタイヤサイズを簡単に検索できるツール(むか~しPerlで作ったもの)をPHPに移植していて、タイヤの幅を指定するプルダウンを以下のような繰り返し文で作っていました。(ここでは、わかりやすく簡単に書き直しています)

for( $i = 135; $i <= 355; $i + 10 ){
    print "<option value='".$i."'>".$i."</option>\n";
}

はい、ここで無限ループ発生です。なぜかというと、この状態では $i の値が全く変わらないので、 $i = 135 のまま延々と回り続けるのでした。

なんでコーディング時に気付かなかったんだろう…。

ということで、正しくは

for( $i = 135; $i <= 355; $i += 10 ){
    print "<option value='".$i."'>".$i."</option>\n";
}

となるわけで。

普段は $i++ というようにインクリメントしてしまうので、無限ループは発生しない、ということですな。

これに気付くのに結構な時間を費やしてしまったわけで、いやはや、お恥ずかしい話です(笑)

サーバマシンの消費電力

きっちり正確に出したわけではないけれど、新サーバマシンの消費電力を計算してみました。

計算途中は端折りますが、ピークパワーがだいたい220~250Wくらいで、アイドル状態だとだいたい80~90Wくらいだそうな。24時間動かしていても、実際にアクセスがあったりするのは1日平均数時間なので、だいたい平均は130~140Wくらいと見てよさそう。

この消費電力で計算してみると…。

24時間×30日×140W=100,800W

どうやら1ヶ月あたり、100,800Wもの電力を消費するらしい。

そして、東京電力の1kWhの電気料金が、今だとだいたい17.9円(従量Bで120kWhまで)らしいので、

100,800W÷1000×17.9円≒1,804円

今回組んだサーバは、1ヶ月あたり1,800円ほどを消費し続けるという計算になりました。うげぇ…こうやって金額を出してみると、結構維持費がかかるなぁ。

ここにプリンタの常時電源ON(CANON MP960で、アイドル時約2W)や、モデム、ルータなどを足していくと…常時電源ONのPC関連品だけで、およそ月2,500円くらいの電気代になっている計算に。

こりゃ、ちょっと考えないといけないな…。

とは言え、サーバマシンは組んだばかり。今さら省電力タイプに置き換えるわけにもいかないので、しばらくはこのままいくしかない。毎月2,000円超は痛いなぁ…。

サーバ再構築

注文していたPCパーツ類が届いたので、さっそく我が家のサーバを再構築しました。

今回購入したのは、先日記事にしたとおり、マザーボードが iG31 チップの G31MX-K。CPU は Celeron Dual-core E1200。メモリは PC2-5300 1GB。

ケースや電源、光学メディアドライブは今までのものを流用し、あとは自宅で眠っていたパーツを組み合わせてみました。ただ、MLC の SSD 32GB も購入したけど、やはり起動用に使うのは心許なかったので、起動用にはやはり自宅で眠っていた SATA-II 160GB の HDD を使うことに。

ということで、構成は以下の通り。

CPUCeleron Dual-core E1200
M/BFoxconn G31MX-K
メモリPC2-5300 1GB + 512MB
HDDWesternDigital SATA-II 160GB
Samsung SATA-II 1TB
SSDCFD SATA 32GB(MLC)

ケースはもう10年近く前に買った青いアクリルが眩しいお気に入りのもので、電源はほとんど未使用の 3R System の 520W。この電源は、今メインとして使っている PC のケースに付属していたものですが、このサーバ構成ではピーク時でも電源容量の半分もいかないので、とりあえず大丈夫かな、と。

メモリは自宅に眠っていた PC2-5300 512MB を組み合わせたので、どうやら Dual-Channel 動作している模様。同じ容量じゃなくても Dual-Channel になるのは知らなかった…。

HDD は、起動用に WD の 160GB を使い、今までどおり 1TB をネットワーク共有用に。SSD は、MLC タイプの耐久性が微妙に不安なので、主に読み込むことが多いファイルを置いておくことに。安いからって、無駄な買い物をしてしまったのかも…。

そして、OS は今回 Windows 2000 Server を止め、ライセンスが余っていた Windows XP Professional に変更。やっぱり使い慣れた OS の方が、いろいろと設定も楽だし。

とりあえずファイルサーバ兼プリンタサーバとして動いてくれればいいので、OS を入れた後は、ファイル共有の設定をして、プリンタ共有の設定をして、設定完了。OS が SP1 からのアップデートだったので時間がかかったけど、それ以外はすんなり完了…とはいかず。相方は PC を使うときにパスワードを使っていないので、基本的にユーザーにパスワードが設定されている必要があるという、サーバ側のセキュリティ設定に苦労しました。

なんだかんだで半日ほどかかってしまいましたが、格安サーバ構築が完了しました、ということで(笑)

そういえば、Celeron Dual-core の E1200 って、オーバークロックにかなり強いらしい。クロック2倍の 3.2GHz でもそれなりに安定動作するとか。試してみたいけど、ファイルサーバでそこまでスペックは必要ないしなぁ…。

我が家のサーバがついに…

今のデスクトップPCを組んだときに、余ったパーツで組んだのが我が家のファイルサーバ兼プリンタサーバ。サーバとして使うのに、余ったパーツなの?と言われそうですが、どのパーツもほとんど使っていなかったので大丈夫かな、と思っていたのですが…。

わずか数ヶ月で逝ってしまいました。

組んで1ヶ月もしないうちから、2GBを超えるようなファイルをコピーしたり、印刷しようとすると、たまに画面が真っ黒になって青いブロックノイズが出るような状態になったり、ひどいときは再起動をかけてもプライマリのハードディスクが読み込めなくなったりしていて、なんとなく怪しいな、とは思っていましたが…ついに昨夜、何度再起動をかけてもハードディスクのリードエラーで、全く立ち上がらなくなってしまいました。

このハードディスクを他のPCにつないだり、USBキットで他のPCとUSB接続すると何の問題も無く使えるので、どうやらサーバPCに使っていたマザーボードに問題がありそうな。

一応1TBのハードディスクもつないでいるし、使えないのは不便なので、新しくサーバマシンを組むことにしました。と言ってもかなりお安く。

いろいろ悩んだ挙句、送料を足してもネット通販の方が安いので、いつも利用していて安心できるサイトで買うことにしました。

マザーボードは Foxconn の G31MX-K で、4,500円也。

CPUはとにかく安くということで、Celeron Dual-Core E1200 をチョイス。4,000円也。

メモリはとりあえず1GBもあればいいか、ということで、Samsung の PC2-5300 1GB を。980円也。

OS用にハードディスクを、と考えたけど、32GB の SSD が安かったので、お試し購入。OS用にはオススメされない MLC で、5,480円也。

DVDドライブやケースは今のものを流用するということで、〆て15,000円程におさめられました。うーん、うまく特売があったせいもあって、安く上げられた。

到着まで4~5日ほどかかるらしいので、気長に待つとしますか(´Д`)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック