ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

オーサリングソフト購入

文句を言いながらも、何だかんだで使いやすくてずっと使っていたオーサリングソフトが、DVD Movie Writer 5 for SANYO。SANYOとあるとおり、Xactiを買ったときについてきたものなので、感覚的には無料(笑)

でも、さすがに製品添付版なだけあって、1時間を越える動画を編集してオーサリングすると、ぴったり1時間を境にして音声がどんどんずれていくという不具合に悩まされていました。

1つの動画を1時間未満にして、オーサリングするときに結合させれば音声はずれないけど、そうすると動画の複数カット機能が使えないから不便。

ということで、ここ最近はオーサリングする機会がかなり多いこともあって、思い切ってちゃんとした製品版を買うことに。

挙がった候補は「Power Director 8」と「DVD Movie Writer 7」の2つ。

Power Directorは、バージョン5を購入して使っていた経験があり、自分にはちょっと使いにくい感じだったけど、公式サイトでバージョン8を調べてみると、だいぶインターフェースが変わっているようなのでちょっと使ってみたいかも。

DVD Movie Writerは、やはりココ最近ずっと使っていたので、使い慣れたインターフェースなのがいいかな、と。

さんざん悩んだ挙句、今回はDVD Movie Writer 7を買うことにしました。約10,000円の出費は痛いけど、必要経費ということで。

やはり製品版なだけあって、1時間どころか2時間3時間を越える動画を扱っても音がずれないし、動画の複数カットの精度もいい感じ。自分的にはとても扱いやすいインターフェースなので、ホント、一手間で動画を簡単にDVD Videoに出来る感じがイイ。

扱える動画のフォーマットがやや狭い感じはするものの、うちではXactiのMPEG4と、Huffyuvと、MPEG2くらいしか使わないので特に問題もなし。どうしてもDVD Movie Writerで読めないフォーマットがあれば、とりあえずWMV9にでも変換すれば読めるようになるしね。

謎のインスタントラーメン リターンズ

昨日も一昨日もこのシリーズだったわけですが、もうひとつのフレーバーがあったので試してみたわけですよ。

日本語パッケージの割高の方で、「トムヤムラーメン エビ味」というもの。

トムヤムラーメン エビ味

これ、エビ味ってことは「YumYum トムヤムシュリンプフレーバー」そのままなのかも?味が全く変わらないので。タイ現地向けではなく、日本輸出用のパッケージ…なのだろうか。

YumYumシリーズでも言えるけど、玉子を入れて食べると辛さが若干和らぐので、辛いものが苦手な人は玉子を入れたほうがいいかも。

若干割高とは言え、味はYumYumシリーズと変わらないので、やっぱりオススメではあるわけです、はい(笑)

帰ってきた謎のインスタントラーメン

1ヶ月ほど前にはYumYum トムヤムシュリンプフレーバー、昨日はトムヤムラーメン ポーク味を試してみましたが、今日はもうひとつ見つけたフレーバー「YumYum ホワイトペッパーフレーバー」に挑戦してみました。

こちらはパッケージが日本語ではない、タイからの輸入品であるYumYum トムヤムシュリンプフレーバーと同じパッケージ。

YumYum ホワイトペッパーフレーバー

ただ、パッケージの写真を見ると、こちらはスープの色が白っぽいので、どうやら酸っぱ辛い系の味ではなさそう…?

ということで、さっそく食してみることに(笑)

麺は先の2つと同じですが、粉末スープが違う感じ。フレーバーオイルも透明。作っている間からコショウのいいにおい。食べてみると、こちらは塩コショウの味っぽくて、あまり好き嫌いが分かれなさそうな感じ。ちょっとコショウの辛さがあるけど。

野菜と鶏肉を入れてやや薄味に作れば、結構さっぱり風味になるかも。この味はかなーりオススメ。

ちなみにお値段は、YumYum トムヤムシュリンプフレーバーと同じで、5袋入って158円でした。

謎のインスタントラーメン再び

先日、YumYum トムヤムシュリンプフレーバーというタイ原産のインスタントラーメンを紹介してみたのですが、今日、同じディスカウント系の店に行ってみたら、日本語表記でちょっと違ったフレーバーのパッケージを発見したので買ってみました。

今回買ったのは、トムヤムラーメン ポーク味。どうやらポーク風味のフレーバーオイルが入ったもので、玉子を入れて食べるものらしい。

トムヤムラーメン ポーク味

カレーで胃が弱っているかもしれないところに、こんな刺激物を食べて大丈夫かな、なんて気にしつつ、ラーメン好きは挑戦してみました(笑)

味は前回のYumYum トムヤムシュリンプフレーバーと変わらず…どの辺がポーク味なのかさっぱりわかりませんでした。YumYum トムヤムシュリンプフレーバーでは液体スープのようなものがブラックペッパー入りだったのに対し、このポーク味はホントにフレーバーオイルのみ、という違いだけ。

単価で見ても、日本語表記の方は1袋単位の販売で58円だったので、かなり割高。

でもスーパーなどで一般的に見るインスタントラーメンには無い味なので、こういうのが好きな人には相変わらずオススメかも。

あまったパーツを流用してもう一台

Athlonで組んだレコーダーPCでしたが、とうとうBSやCSは音ズレが激しくて、まともに録画できるのが地デジだけになってしまったため、余ったパーツを使って、泣く泣くもう一台レコーダーPCを組むことにしました。

と言っても、マトモに使えるのはキャプチャカードとCPU(Core 2 Duo E63200)とメモリ1GBとPCケース(電源なし)しかなかったので、マザボと電源、HDDを買いに、よく行くPCショップへ。

キャプチャさえきちんとできれば性能は問わないので、とりあえず格安で組むために、マザボはASUSのP5GC-MX/1333。展示品で5,480円。電源はScytheのCORE POWER2の400Wで3,980円。HDDはSumsungの1TBで6,280円。

BSやCSはそんなに録画したい番組が多いわけじゃないので、PCもほとんど電源を落とした状態になるだろうから、そんなにすぐに壊れることもないだろう、という憶測(笑)

帰宅後はささっと組んで、WindowsXPを入れて、アイオーのGV-MVP/RX3をこちらのPCにインストールし、ふぬああの設定をして、とりあえず外部入力経由でのBS/CS録画環境は完成。

ついでに1TBのHDDをもうひとつ買ってきていたので、ウザくて放り投げていたピクセラのPIX-DT012-PP0と共にメインPCに接続。こちらはBS/CSをアンテナ経由で録画できるようにしようかと思ったけど…POLから落としてきたFF11用辞書が不正だ、とStationTV起動時に怒られる。なんでStationTVを起動するのに、FF11辞書なんかチェックしているんだろう…アヤシイな。

何はともあれ、「地デジ専用レコーダーPC」「BS/CSなど外部入力専用レコーダーPC」「サブ的な、地デジ/BS/CSが録画できるメインPC」が完成。なんか豪華なような、無駄なような…。

そんなに録画するような番組なんかあるか?と言われると、地デジは主にNHKやTBSの世界遺産や絶景などの番組、CSでは音楽チャンネルや、子供向けアニメ映画などの録画がメインだったり。

しかし、ココまで来ると、ブルーレイ対応レコーダーの上位機種をひとつ買った方がよかったんじゃないか?とも思えてくるのが悲しいところだったり(´Д`)

神谷さんに何があった!?

いつものようにYahoo!ニュースを見ていてびっくり。なんと神谷明さんが、名探偵コナンの毛利小五郎役を降板するんだとか。

神谷さんほどのベテランが途中降板するというんだから、よっぽど腹に据えかねない何かがあったんだろうなぁ…理由として「契約上の問題と、信・義・仁の問題」としているあたり、特に。

しっかし、もう長い期間あの声で馴染んでしまっているから、後続の声優さんがたとえ似たような声の持ち主だったとしても、慣れるまでには時間がかかりそう。

そもそも、毛利小五郎はあの声だったからこそのキャラだったようにも思えるので、自分的には、サザエさんのカツオ君のように馴染むより、今のドラえもんのように番組から離れる可能性が大きいかも。

最近、俳優さんやお笑いタレントを声優に充てたアニメ映画などが増えてきているけど、その裏で声優を本業としている人たちを軽視している声があったり、制作サイドの「代わりはいる」というような態度もないとは言い切れないんだとか。

そもそも、一部のアニメでは、声のプロを差し置いて「豪華声優陣」だなんて宣伝しちゃってるあたりが、声優軽視にも取れるし。

ともあれ、今回の件に関してはどうやら身体的な問題があっての降板という理由ではなさそうなので、まずは一安心。お元気ということは今後も他のアニメなどで神谷さんの声を聴く機会はあると思うので、これからも頑張ってほしいと思う。

[Java] ICE Facesでポップアップ画面

ICE Facesでポップアップ画面を出すには、JavaScriptでwindow.open()してしまわずに、ICE Facesのポップアップ機能を使う方がいいらしい。

確かに、ポップアップとは言えブラウザのウィンドウが新しく開くわけでもないし、ポップアップ元画面が操作できなくなることで、いろいろ処理を簡略できるかもしれないし。

とりあえず、備忘録メモメモということで、JSP側はこんな感じ。

<ice:panelGroup rendered="#{TestPage.isPopupDisplay}">
  <ice:panelPopup draggable="false" modal="true" autoCentre="false"
                  visible="#{TestPage.isPopupDisplay}"
                  style="background-color: white;
                         background-image:url('./image/wall.jpg');
                         background-repeat: repeat-x;">

    <f:facet name="header">
      <ice:panelGrid>
        <ice:panelGroup>
          <ice:outputText value="ポップアップテスト"/>
        </ice:panelGroup>
      </ice:panelGrid>
    </f:facet>

    <f:facet name="body">
      <ice:panelGroup styleClass="popupBody">
        ~HTMLのBODY部分~
      </ice:panelGroup>
    </f:facet>
  </ice:panelPopup>
</ice:panelGroup>

そしたら後は、ポップアップ画面を呼び出すアクションメソッドが走ったときにManagedBean側でisPopupDisplayをtrueにしてあげれば、ICE Facesのポップアップ画面が出る、という寸法。

元画面が透過グレーアウトされて、その上にポップアップのウィンドウが出てくる。

このポップアップを消すには、閉じるボタンを実装してそのボタンのアクションメソッドが走ったときにisPopupDisplayをfalseにしてあげるだけ。

JavaScriptで開くポップアップよりも管理が楽な反面、ポップアップ元画面とポップアップ画面を比較しながら作業をしたい用途ではとても不便かもしれない…。

ネットブック

義妹の旦那さん…義弟2から電話があり、義実家(相方の実家)で無線LANにつなごうと思ったら、うまくつながらないから助けて~と。

義実家の無線LAN設定は、以前はセキュリティをかけていなかったので外部から無線LANでつなぐことができてしまっていたため、いくつかセキュリティの設定をかけておいたのですが、どうもそこら辺の設定がうまく行かない模様。

電話であれこれ話しているよりも、車を3分ほど運転すれば着く場所に義実家があるので、今から行くよ~と伝えてレッツゴー。

MACアドレスの登録もしてあったし、暗号化キーの設定なども済んでいたので、特にこれでつながらない原因はないはずなんだけど…と思いつつ、ルータの設定をもう一度有効にして再起動し、PC側の有線LANを抜いて無線LANを有効にしたら…つながりました。

義実家に着いて3分ほど。今までで一番早い解決デシタ。

ということで、設定の終わったPC。どうやら義弟2が買ってきたばかりのネットブックということで、いじらせてもらってきました。

牛さん(ゲートウェイ)のネットブックで、色はワインレッド。お値段は4万弱だったそうな。

初期の頃のネットブックのイメージからは想像もできないほど高級感が出ていてびっくりでしたが、やっぱり1024x600の画面は狭いかも。ネットブックというだけあって、ネットとメールだけ、と割り切れば、ちょうどいいけれど。

もうちょっと性能が上がってきたら、欲しいかも。

映像と音声がずれる…

しばらく調子がよかったレコーダーPCでしたが、最近どうも外部入力で録画すると映像と音がずれるように。

HDDが断片化してきたせいかと思ってデフラグしても、全く直らず。

普段は5~6秒くらいのずれなので、オーサリングする前に調整すれば何とかなったけど、ひどいときは1分以上ずれるので、さすがに調整もやっていられなくなってきて。

かなり前に、初期のAthlonを積んだショップブランドPCを使っていた頃にも、ビデオキャプチャで映像と音声の同期がとれなくてずれまくっていたことがあったので、もしかしてAMDのCPUは外部入力キャプチャには向かないCPUなのか…。

とは言え、地デジキャプチャの方はズレもなく快適なので(たまに録画し始めの数秒がおかしいことはありますが)、使わなくなってしまってあるパーツをかき集めて、外部入力キャプチャ用にPCを組むべきかどうか。なんかすごい無駄な気がするけど…。

電波が弱いのか、本体が劣化してきたのか…

最近、docomoの電波が弱い気がする。今までアンテナ3本立っていた場所でも、アンテナが0本になったり、iモードに全然つながらなくなったりする。

ただ、メール入力中に絵文字を表示しようとすると2~3秒フリーズすることが多くなってきたN905iなので、電話機本体の問題なのかも…と思えたりもする。

そういえば、しばらく前から通話品質も悪くなったなぁ。通話中、自分の声がエコーのように少し遅れて自分に聞こえてくるから、すごいイヤ。

auのときもそうだったけど、ユーザーが増えてくると通話品質やパケット通信品質が落ちていくのは、どこの携帯会社も同じなのかな。

ちなみに、自宅ではアンテナ0本~1本がデフォルトなので、電池の減りが早くて困る(´Д`)

オードリーまでダウン

オードリーの春日サンがインフルエンザに感染したニュースがありましたが、ついに今日、相方である若林サンまで感染が確認された模様。

この2人も24時間テレビに出ていたので、うつったんだろうな…。

もともとインフルエンザの兆候があった人を無理に番組に出してしまったのか、一般客の中に感染者がいて、そこから感染してしまったのかはわかりませんが、これ以上24時間番組に出ていた人に感染が確認されてしまうと、番組側もしくはテレビ局側できちんと対策が取られていたのか?と疑われ始めるだろうなぁ。

これ以上広がることがありませんように…。

インフルエンザがじわじわと

24時間テレビに出演していたNEWSの2人が新型インフルエンザに感染していたとか。じわじわと新型インフルエンザが広がってきているようで、怖い。

潜伏期間があることを考えると、24時間テレビの前にはすでに新型インフルエンザに感染していたはずだから、24時間テレビを通して感染がかなり拡大する恐れあり?

毎年恒例の番組なのはわかるけど、今は新型インフルエンザが流行りだしていて、いろんなところで行事などを中止している中、多数の人を集めてバカ騒ぎするだけの24時間テレビなんかやるべきではなかったのでは…。

今はチャリティを盾にしたお祭り騒ぎ番組と化しているように見えるし。

とは言っても、直前でいきなり中止、ってのも無理な話だもんなぁ。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック