ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

動画編集ソフト購入

DVD Movie Writer 7を購入してからというもの、何度かAVCHDディスクを作ったことはあったけど、そのときは30分に満たない動画を扱っていたので問題はありませんでした。

AVCHDタイプのビデオカメラを購入したので、長時間の動画を編集することも考え、MoVie Writerで1時間を超えるフルHDの動画を扱ってみたら…。

重いのはPCの性能足らずなのでしょうがないとは言え、フルHDの映像全て、MPEG2に変換すると映像の下の方にカラフルなノイズの帯が発生するので困った。そして音声が消える。

他のツールで映像と音声に分けてから、Movie Writerで結合すれば問題ないけど、毎回そんな面倒なことはやっていられない…。

ということで、動画編集ソフトを購入することにしました。

Video StudioとPower Directorで悩んだものの、店に行ってみたら、Power Directorは旧バージョンユーザ向けの特別優待版がVideo Studioより5,000円も安く出ていたので、Power Directorに決定。

Power Director 5をPCに入れたままになっているので、優待版で問題ないし。

ということで、さっそくPower Director 8を試してみると、さすがに動画編集に重きを置いているだけあって、かなり軽快。フルHDの重い動画も、中間ファイルを作ってくれるのでかなり快適に編集できるのがイイ。そして音も消えないし、なによりMPEG2-TSファイルをそのまま扱えるのもうれしい。

最初からこれを買っておけばよかった…。

ただ、やはりMovie Writerに慣れてしまっているので、どうしてもメインで使うのはMovie Writerの方。フルHDで残しておきたい動画を編集するときだけ、Power Directorを使うことになりそう。

なんというもったいない使い方…(´Д`)

PC-9801NCを分解 パート2

本体を分解した後は、そのまま捨てるのが危険そうなHDDを分解。どんなデータが残っているかわからないし、かといって読み込める環境もないし。

HDD自体は2.5インチで、厚さが12mmくらいかな。今ノートPCなどで主流の2.5インチ9.5mm厚よりは厚かった。

ネジ6箇所を外すと、簡単にディスクとご対面。

PC-9801NCに入っていた80MBのHDD分解

ちなみに奥にあるSSDは、大きさの比較用。

とりあえずはディスクに思いっきり傷をつけてみようと、ドライバーでガリガリやってみたところ、全然傷がつかない。いまどきのHDDと、ディスクの素材が違うような感じ。

じゃあ折り曲げてみようと、ラジオペンチでグイッと曲げてみると…なんと細かく割れてしまいました。割れた破片を見る限り、どうやら鏡と同じような感じ。

破片をペンチではさんでみると、鏡と同じようにパキパキっと割れたし。

昔のHDDって、ディスク部分に鏡のようなものを使っていたのかな…。

ということで、ディスクを細かく砕いて破棄しました。これでデータは物理的に読めなくなったので安全安全。

しかし、今も昔も、HDDの構造自体はそう大きく変わっていないんだなぁ。

PC-9801NCを分解

結局、実家から持ってきたのはいいけど、使い道もないし、電源も入らなくなってしまったので、分解してみることにしました。

バッテリー2つ(このノートPCは、メインバッテリーとセカンドバッテリーが標準装備?らしい)を取り外し、本体裏のネジを全て外したら簡単に筐体をあけることができたので、キーボードを外し、FDDを外し、HDDも外してバラバラに。

PC-9801NC分解

今のPCと違って、石はどれもでかいし、CPUは今ほど大きくないので、どれがCPUなのかがわかり辛かったですが…ひとつだけ「Intel」と刻印があったので、どうやらこれがCPUらしい。

386SX 20MHzのCPU

今、これと全く同じ性能のPCを作ったとしたら、いったいどれくらい小さなものができるんだろう。少なくとも今の携帯電話よりは小さくなるんだろうけど。

[PHP] CLI版でphp.iniを指定

コマンドラインでPHPを動かしたときに、どーしても通常使っているphp.iniとは別の設定のphp.iniを使いたかったのですが、

% /opt/hpws/apache/php/bin/php -c /home/user/php/php-cli.ini command_line.php

と毎回入力するのは面倒なので、command_line.phpの一行目に

#!/opt/hpws/apache/php/bin/php -c /home/user/php/php-cli.ini

と入れて、command_line.phpに実行権限をつけて実行してみたものの、指定したphp-cli.iniは読み込んでくれず。

試しに、PHPタグの直後に

ob_start();
print phpinfo();
$output = ob_get_contents();
ob_end_clean();
$fp = fopen( "phpinfo.txt", "w" );
fwrite( $fp, $output );
fclose( $fp );

と入れて、phpinfo()の情報をファイルに書き出してみると、やはり Loaded Configuration File は none のまま。

いろいろと調べていると、CGI版では -c の後ろにスペースを入れないように指定すればうまく動いた、という情報があった、と教えてもらったので、早速試してみると…うまく動いた!

ということで、

#!/opt/hpws/apache/php/bin/php -c/home/user/php/php-cli.ini

と書くのが正しいようです。

いやはや、このために何時間費やしたことか…。

[HP-UX] dateコマンドが違う

HP-UXに実装されているdateコマンドは、Linuxのそれとはどうやら違うものらしい。そのため、オプションで「--date '5 days ago'」を指定したら、怒られた…。

ファイルの更新日を見て、5日以上前のものは削除するようなシェルがあったのですが、どうやらHP-UX上ではダメそう。

GNU Shellutilsをインストールすればいいらしいけど、システム上それは無理なので、他の方法を探す。

となると、findで削除してしまえばいいや、と、以下のようなコマンドを試してみた。

find ${LOGDIR}/LOG*.* -type f -mtime +5 -exec rm -r {} \; >/dev/null 2>&1

とりあえず置き換えは可能ですが、findだと「+5」と指定すると5*24時間以上前のものを削除するので、最終更新日時によっては削除される条件が微妙に変わる。

ということで、時刻は「0:00」を指定してもらえるように、パラメータに「-daystart」をつけてみると…ダメ。HP-UX上では「-daystart」は使えないっぽい。

独自路線すぎて使いにくいOSですこと…。

ノートPCのHDDを交換しようとしたけど

先日、電源を入れたらHDDがお亡くなりになっていたノートPCですが、2.5インチのHDDがひとつあまっていたので、さっそく交換してみることにしました。

ちなみに、ノートPCはNECのLaVie PC-LL900/ADというもの。

ネットでHDD交換方法を調べてみると、PC-LL900シリーズはキーボードを外したり、光学ドライブを外していかないとHDDが取り出せない、と紹介されていたので、面倒だな~…と思いつつ、とりあえず本体前面の黒い部分(スピーカーの穴などが開いている黒いパーツ)を取り外してみると…なんとHDDが見えるじゃないですか。しかもHDD取り出し用の取っ手のようなものまでついてる。

どうやらPC-LL900/ADはHDD交換が簡単になっているようだ。ラッキー(笑)

ということで、その黒いパーツを外すためにネジ3箇所、HDDを固定しているネジ2箇所を外して、オレンジ色のフィルムっぽい取っ手を引っ張るだけで、簡単にHDDが外せました。

外したHDDを、おなじみ「玄続」をつかってUSB接続してみると、やはりHDDの回転音がしない。と言うより、回転し出す音は聞こえるけど、途中で力尽きて止まってしまう感じ。

データを取り出すのも無理そうなので、リカバリディスクを使って新しいHDDでリカバリするしかないかな。

しかし、さっそく余っていたHDDを取り付けようとしたところで気付いた。

余っていたHDDはSATA…LaVieはPATAだ。

とりあえず動かないHDDをそのまま戻し、交換作業は断念しました。いまさらPATAのHDDを買ってくるのももったいないので、LaVieはこのまま眠りにつくことになるかも…(´Д`)

[HP-UX] PHPを動かしてOracleと接続するまで

HP-UXって、何でもかんでも独自な感じだから嫌い。でも仕事上使わざるを得ないのが辛いところ。

今回はHP-UXでPHPを動かして、さらにOracleとの接続までの設定を行ったので、手順をメモメモ。

とりあえずHP-UXは、HP-UX Itanium 11i 11.23 というもの。


まずは、/opt/hpws/apache/conf/httpd.conf を設定。PHPのモジュールがコメントアウトされているので外すだけ。環境によってはユーザーやグループの変更も必要。

#LoadModule php5_module        modules/libphp5.so
      ↓
LoadModule php5_module        modules/libphp5.so

次に、/opt/hpws/apache/conf/php.ini を設定。以下の項目を環境に合わせて編集する。コメントアウトされているものはコメントアウトを外す。今回はシフトJISを使ったので、SJISを指定している。

date.timezone = Asia/Tokyo
register_globals = On
magic_quotes_gpc = Off
default_charset = "SJIS"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = SJIS
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = SJIS
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none
extension=oci8.sl

続いて、/opt/hpws/apache/bin/apachectlを修正。ライブラリパスを追加し、さらにOracle固有の設定を追加した。

#export SHLIB_PATH=$ORACLE_HOME/lib:$APACHE_PREFIX/php/lib/php/extensions:$SHLIB_PATH
      ↓
export SHLIB_PATH=$ORACLE_HOME/lib:$APACHE_PREFIX/php/lib/php/extensions:$SHLIB_PATH
export ORACLE_BASE=/opt/app/oracle
export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/10.2.0/db_1
export TNS_ADMIN=$ORACLE_HOME/network/admin
export ORA_NLS33=$ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data
export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16SJIS
export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH

この状態でapacheを再起動して接続してみると、OCILogon()がない!と怒られた。どうやらライブラリのバージョンが違うために、見つからないらしい。シンボリックリンクを張ることで対処可能。

# su - oracle
% cd /opt/app/oracle/10.2.0/db_1/lib
% ln -s libclntsh.so.10.1 libclntsh.so.9.0

もう一度apacheを再起動して、ブラウザからアクセスし、Oracleとの接続が確認できた。

Linuxとは一味違った設定方法だったので結構大変でしたが、そのぶんつながるようになったときの嬉しさは大きいかも?(笑)

余談。

apacheを自動起動にする場合は、/etc/rc.config.d/hpws_apacheconf というファイルの HPWS_APACHE_START の値を 1 にすればイイ。

MPEG2で音が出なくなる現象が解決

MPEG2-TSを映像(m2v)と音声(wav)に分割したものを、DVD Movie Writer 7で取り込んでMPEG2-PSとして保存すると、なぜか音声が消えてしまう現象に悩まされていました。

映像を取り込んで、ビデオの編集で音声ファイルを追加し、そのままプレビューするとちゃんと音がでるのに…。

エクスポートするときの設定は、1440(MPEG2)の2pass、圧縮は100にして、音声はLPCM。ビットレートは18000kbps。

いっつもこれでダメだったので、仕方なくSD画質に落として保存するか、MPEG4のH.264で保存していたのですが、ようやくこの問題が解決。

ただ、音声をドルビーデジタルにするだけでした。

今まで、wave音声の場合はLPCMじゃないとダメだとばかり思っていたけど、どうやらハイビジョン以上のMPEG2にする場合はドルビーデジタルにして再エンコさせないとダメな模様?

ともあれ、これでフルハイビジョンサイズの動画をそのままMPEG2で保存できるので、そのうちPCにBD-Rドライブを導入した際には、高画質な映像を楽しめるようになりそうで一安心。

一応、今でもDVDメディアにAVCHDで書き込めばPS3などでも見られるけど、さすがに長時間の動画はキツい…。

レコーダーPCの轟音

特に何の前兆も無く、突然轟音を発しだした地デジ専用レコーダーPC。

あわてて電源を落としてみたけど、とりあえずは原因が何なのかを突き止めるために、再度電源をON。ゴウンゴウンとケース全体が振動するほどの音なので、怪しいのは電源あたり…。

しかし、電源のあたりに耳を近づけてみても、音の発生源からは離れている感じ。かといってCPUファンでもないし、HDDがうなりをあげているわけでもなさそう。

とりあえずパーツをひとつずつ外して原因を調べてみようと思い、ケースを開けたところ…目に付いたのはケース後方についている排気用ファン。わずか3,000円ちょっとで買ったケースに最初からついていたものなので、きっと安物。となると、なんかアヤシイ。

ファンの回転をチェックすべく、ファンを手で回してみると、なんかガタガタしながら回る。例えるなら、回されすぎて軸が削れてしまい、スムーズにまわらなくなったハムスターの回し車みたいな感じ。

怪しいファンをケースからはずし、玄続(SATA/IDEをUSBに変換する玄人志向のパーツ)の電源を使って単独で回してみると、これが手で持っていられないほどの振動。どうやら轟音の原因はコイツだったらしい。

まさかファンが1ヶ月も持たないなんて…。

このファンを外してからは、再び動作音のほどんどしない静かなPCとなりましたとさ。めでたしめでたし。

PC-9801NCとか

久しぶりに実家に行ったところ、ずっと開かずの間だった押入れの片付けを手伝うことになってしまいました。

少しずつ押入れの中のものを引っ張り出していったのですが、なんと押入れの中に、180SXに乗っていた頃に使っていたワタナベのエイトスポーク(頭文字Dの拓海のハチロクが履いているホイール)や、よく似た形のブラックレーシングのエイトスポークなんかが出てきたりしてびっくり。まだ8分山くらいのM7Rを履いていましたが、M7R自体懐かしい響きというか…(笑)

4穴のPCD114.3なんて今の自分には使い道がないので、どうしようか悩んだけど、捨てるのももったいないのでとりあえずそのまま保管することに。欲しい人でもいればいいんだけど。オークションに出せば使ってくれる人がいるかな…。

続いて出てきたのが、PC-9801NC40。

確か、世界初のTFTカラー液晶のノートPCだったと思う。当時としては大容量となる40MBのHDDを内蔵していて、26K互換の外付け音源がくっついた状態。CPUは386SXの20MHzくらいだったと思うので、一応Windows3.1くらいは動いてくれるのだろうか。

これ、確か当時新品で買うとなると、定価が70万以上だったような。HDDなしでも60万くらいしていたはず。今じゃ考えられないほどの高級品だ~。

ちなみにHDDは80MBのものに換装済みでした。確か中古で5~6万くらいで買った(買ってもらった)ものだったかな。

まだまだありました。Power Macintosh 8500/150。

かなーり昔、まだモンキーパンチ先生の公式サイトに「ルパチャ」が存在していた頃に、このルパチャで知り合った人に譲ってもらったもの。当時はすでにiMacやG3などが存在していて、確かその人もG3に買い換えたから、と譲ってくれたものだったと記憶。G3じゃなくてG4だったかな?

CPUは確かPowerPC604の150MHzで、1.2GBあたりのHDDと8倍速だったか4倍速だったかのCD-ROMドライブという仕様だったと思う。

懐かしいものがいろいろと出てきたけど、とりあえずPowerMacintoshはもう動かなかったのでバラして処分。PC-9801NCはとりあえず持ち帰ることにしました。動かなければ不燃物で出すしかないかな…。

PC-9801NCの写真を撮ってみたので、載せてみる。

PC-9801NC

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック