ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 約2年ぶりの機種変更 | トップページ | NICに複数IP設定 »

Linuxのロケール設定

理由はこうだから!とズバッと説明できなくて困ったこと。

RedHat Linux ES4で、デフォルトの文字コードが「ja_JP.UTF-8」になっているけど、localeコマンドで文字コードを確認してみると「ja_JP.utf8」はあるけど「ja_JP.UTF-8」というのはない。

でも、LANG="ja_JP.UTF-8" としても、LANG="ja_JP.utf8" としても、今のところ全く問題なく動いている。

localedefコマンドでロケールを定義するときに「ja_JP.UTF-8」とするか「ja_JP.utf8」とするかの違いだけだと思っていたけど、そうでもないらしい?

それぞれの指定方法は、一体何が違うんだろう…。

特に問題は発生していないけど、いつかまた同じ疑問にぶつかるかもしれないので、メモメモ。

« 約2年ぶりの機種変更 | トップページ | NICに複数IP設定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189342/47291192

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxのロケール設定:

« 約2年ぶりの機種変更 | トップページ | NICに複数IP設定 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック