リンク


オンラインゲーム関連

ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2018 Vertex.
    (C) 2002-2018 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2018

    All Rights Reserved.

« Linuxのロケール設定 | トップページ | 目玉の親父、永遠に… »

NICに複数IP設定

Linuxを普通に使っているだけではあまりお世話になることがないけど、固定IPを変更したときに移行期間を設けたり、開発で複数IPを使いたい場合に役に立つかも。

ということで、備忘録としてメモメモ。

◆条件◆
eth0のNICに、192.168.1.200 と 192.168.1.201 のIPを追加する


◆複数IPをエイリアスで一時的に設定する方法1
# ifconfig eth0:0 192.168.1.200
# ifconfig eth0:1 192.168.1.201


◆複数IPをエイリアスで一時的に設定する方法2(RedHatのみ)
# ip addr add 192.168.1.200/24 brd 192.168.1.255 dev eth0 label eth0:0
# ip addr add 192.168.1.201/24 brd 192.168.1.255 dev eth0 label eth0:1


◆複数IPをエイリアスで永続的に設定する方法
以下の2つのファイルを作成
  /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0
  /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:1

中身はそれぞれ以下の通り
  # cat ifcfg-eth0:0
    DEVICE=eth0:0
    BOOTPROTO=none
    ONBOOT=yes
    TYPE=Ethernet
    IPADDR=192.168.1.200
    NETMASK=255.255.255.0
  # cat ifcfg-eth0:1
    DEVICE=eth0:1
    BOOTPROTO=none
    ONBOOT=yes
    TYPE=Ethernet
    IPADDR=192.168.1.201
    NETMASK=255.255.255.0

ネットワークの再起動
  # /etc/init.d/network restart


◆エイリアスではなく直接NICにIPを複数設定する方法
# ip addr add 192.168.1.200/24 brd 192.168.1.255 dev eth0
# ip addr add 192.168.1.201/24 brd 192.168.1.255 dev eth0


NICに直接IPを複数指定すると、ifconfigでは確認できないため、ipコマンドを使用して確認する。
# ip addr show dev eth0


ipコマンドで追加したIPを解除するには、以下のようにする。
# ip addr del 192.168.1.200 dev eth0
# ip addr del 192.168.1.201 dev eth0
もしくは、
# ip addr flush dev eth0
で一括解除

« Linuxのロケール設定 | トップページ | 目玉の親父、永遠に… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189342/47291200

この記事へのトラックバック一覧です: NICに複数IP設定:

« Linuxのロケール設定 | トップページ | 目玉の親父、永遠に… »