ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

今さらネットブック購入

ちょっとした事情があって、通勤電車内でPCを使う必要が出てきたので、今さらながらネットブックを購入してみました。

いろいろ悩んだけど、できるだけ画面解像度が高い方がよかったので、今回選んだのは HP Mini 5101 のHDDモデル。CPUはAtomN280(1.66GHz)で、メモリは2GB、画面解像度1366x768。OSはWindows Vista BusinessからダウングレードしたWindows XP Professionalとのことだったので、まさに願ったり叶ったりな性能。

で、買った時のお値段は新品で30,000円弱。

ビジネス/SOHO向けモデルとのことなので余計なアプリなども入っていなくて、この性能でこの値段ならコストパフォーマンスもバッチリじゃないかな。

さすがに10.1型の画面で1366x768の解像度は文字がちっちゃくて見辛いこともありますが、たくさんウィンドウを開いての作業が多いので、そこは目をつぶるとして。

ただ、かばんに入れるとやはり結構重さを感じてしまうので、買ったのはいいけど今のところは家に置きっぱなしの毎日。そのうち持ち運ぶ日が来るとは思うけど、いつになることやら…(笑)

VirtualBoxのゲストOSにtelnet接続

ブリッジアダプタでホストのNICを指定して、ゲストOS内でホストOSと同じセグメントの固定IPを割り振ってしまえば、何の苦労もなくホストOSからゲストOSにtelnetだろうとFTPだろうとつながります。同じネットワーク内からは、あたかも別PCのように。

でもホストOSと同じセグメントに、割り振れるIPがもうなかったら…。もしくは、勝手にIPアドレスを割り振れる立場になかったら…。

ということで、ホストOSからゲストOSにtelnetするために、別の方法を試してみました。手順を忘れそうなのでメモメモ。

まず、ホストOSにネットワークカードを追加。といっても物理的に追加するわけじゃなくて、ループバックアダプタを追加します。

以下、ホストOSはWindowsXP SP3、ゲストOSはRedHat Enterprise Linux 5.3での手順。

  1. コントロールパネルから「ハードウェアの追加」を起動
  2. 「次へ」をクリック
  3. 「はい、ハードウェアを接続しています」を選択して「次へ」
  4. 「新しいハードウェアデバイスの追加」を選択して「次へ」
  5. 「一覧から選択したハードウェアをインストールする(詳細)」を選択して「次へ」
  6. 「ネットワークアダプタ」を選択して「次へ」
  7. 「Microsoft」「Microsoft Loopback Adapter」を選択して「次へ」
  8. 「次へ」をクリック
  9. インストールを完了させる

インストールしたループバックアダプタに固定IPアドレスを設定。例えば192.168.10.1。デフォルトゲートウェイやDNSは空欄でOK。

次にゲストOSにもネットワークアダプタを追加。ゲストOSが起動している場合は一旦終了させて、VirtualBoxのメイン画面から、ゲストOSを選択して設定画面を開く。

  1. ネットワークの「アダプタ2」をクリック
  2. 「ネットワークアダプタを有効化」をクリック
  3. 「割り当て」で「ブリッジアダプタ」を選択
  4. 「名前」で「Microsoft Loopback Adapter」を選択
  5. 「OK」をクリック

続いてゲストOSを起動し、eth1に固定IPアドレスを設定。ホストOSのループバックアダプタに設定したIPと同じセグメントでないとダメ。例えば192.168.10.100。デフォルトゲートウェイにはホストOSのループバックアダプタに設定したIPを指定。ここでは192.168.10.1。

あとはゲストOSのネットワークを再起動し、telnetサーバやFTPサーバを起動させれば、ホストOSから接続することができる。ここでは、telnetなら接続先に192.168.10.100。

[Xperia] Xperiaが懐中電灯に

便利なものは探すと結構あるもので。

今度はカメラのライトを使って、Xperiaを懐中電灯代わりにできるアプリを発見。

その名も「FlashLightApp」。

カメラのライトをON/OFFするだけのアプリですが、ウィジェットに対応しているので、ホーム画面にウィジェットを登録しておけば、暗い中でもすぐに手元を明るくできるという便利さ。

…とはいっても、日常ではあまり使うことがなさそうな気もするけど、きっといざというときに役に立つと思います!(笑)

[Xperia] Xperiaがカーナビに

マーケットでいろいろ物色していると、見つかるものです、便利なアプリが。

今回見つけたのは、なんとXperiaをカーナビにしてしまうアプリ。

その名も「Nav Launcher」。

XperiaのGPS機能と、修正版のGoogleマップ(Nav Launcher起動時にインストールできる)を使うことで、ルート検索も渋滞情報もバッチリなカーナビになってしまうという。

実際に使ってみたところ、若干現在地のズレはあるものの、ちゃんとルート案内もしてくれるし、目的地までの距離や時間も表示してくれるので、便利かも。

ただ、電池の消耗が激しすぎるのと、もし本当にカーナビとして車に載せるのであれば、どうやって見やすい位置に固定するか、が問題かなぁ。

[Xperia] スケジュール帳

Googleカレンダーと連携できる、スケジュール帳のようなアプリがないかと探していると…ありました。システム手帳風のスケジュール管理アプリ。

その名は「ジョルテ」。

月表示も週表示も、システム手帳そのまんま、といった感じ。シンプルだし見やすい。

既にいろいろとスケジュールを入力しているので、スケジュールが入っているはずもない今年の1月の画面を載せてみる(笑)

月表示 週表示

Xperiaの設定で、Googleカレンダーと同期する設定にしていれば、ジョルテで入力したスケジュールがGoogleカレンダーにも反映されるし、逆にGoogleカレンダーで入力したスケジュールもジョルテに反映されるので、便利デス。

[Xperia] iモードメールを受信できるように

Xperiaは主に仕事で使うため、機種変更ではなく新規に契約したのですが…やはり携帯電話2台持ちは何かと不便なもので、特にメールのやりとりが面倒。

というのも、仕事関係やDMなどは全てXperia側(正確にはGmail)で受信し、友達や家族とのメールはiモードメールを使っているので、例えばXperiaでWebサイト巡りをしているときに家族からメールが来ると、FOMA端末の方に持ち替えてメールを開かないといけない。

これが最初はまだよかったのですが、だんだんと面倒になってくるのと、電車の中でFOMA端末とスマートフォンを二刀流していると、どうも周りの視線が気になるもので…。

ということで、FOMA端末側のiモードメールをXperiaで送受信できるように設定してみたので、備忘録として手順をメモメモ。

まずはMy docomoというサイトでdocomo IDを取得。FOMA端末側の電話番号で登録するだけで、料金はかかりません。登録が完了すると、iモードメールでIDとパスワードが送られてきます。
My docomo(http://www.mydocomo.com/web/home/

次に、iモード.netの契約。FOMA端末側の回線で契約します。契約には3つの方法があるけれど、iモードで契約するのが一番楽かも。
  • iモードから契約
    1. 「iMenu」→「お客様サポート」→「お申込・お手続き」→「各種お申込・お手続き」→「手続き開始(ログイン)」の順に進む。
    2. ネットワーク暗証番号を入力し、ログイン。
    3. 「各種手続き」→「iモード・オプション」を選択し、注意事項に同意の上、次に進む。
    4. 「iモード.net」を選択し、申し込み。
  • PCから契約 iモード.net(https://imode.net/cmn/top/)にアクセスして、「iモード.netのお申込み」をする。
  • ドコモショップで契約

以上の申し込みが全て完了したら、Xperia側の設定。iモードメールを扱うためのアプリはiモード.netでも公開されているけれど、芋煮(IMoNi)がとても使いやすいので、芋煮がオススメ。

ということで、マーケットで「imoni」を検索して、インストール。

IMoNiを検索

インストールが完了したら芋煮を起動して、設定画面からdocomo IDとパスワードを設定。

docomo IDとパスワード設定

「直ちにチェック」をタップしてメールが受信できれば設定完了。

iモードメールを受信

デフォルトの状態だと、iモード.netを契約した直後からのメールは全てiモードメールサーバにも残るようなので、FOMA端末側で受信した新着メールは、Xperia側でも新着メールとして受信することができます。

以後、定期的にiモードメールを確認する場合は、「定期チェック開始」をタップして定期チェックを有効にすれば、設定画面で指定した間隔でメールチェックをしてくれるように。

iモードメールを定期的に受信

これで、常にXperia側でFOMA端末回線のiモードメールを送受信することができるので、2台持ちだとかなり便利になる。…けど、欠点がひとつ。Xperiaで受信したiモードメールは、当然FOMA端末側でも受信しているので、ときどきFOMA端末側をチェックしておかないと新着メールが数十件も溜まっている、なんて状況に…。

ここまでやるんだったら、Xperiaを新規に契約しないで、思い切って機種変更で買っても良かったような気がしてきた…(´Д`)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック