ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

VOXYのバルブ交換

VOXYのスモールランプ、ヘッドライトのロービームとハイビーム、フォグランプを一気に交換しました。

気温が35度くらいまで上がっている炎天下、汗をだらだらかきながらの交換だったので、バルブに汗が飛ばないように最新の注意を払いながら(笑)

まずはフォグランプ。

VOXYのフォグランプは、フロントバンパー下のアンダーカバーをめくって交換するのが一番楽らしいので、ネジ2本とプラスチックのピン2本を外してアンダーカバーをめくり、半分手探りでの交換になりました。

フォグランプは4200Kのものに変更。買いに行った店ではH11タイプの種類が少なく、お値段もやや高め。でも4200Kなら純正のHIDと似たような色に。

次にスモールランプ。

ボンネットを開ければ誰でもすぐに交換できる場所にあるので、ものの数十秒で交換完了。

ちなみにスモールランプは、今までチェイサーで使っていたブルーLEDのものをつけていたのですが、VOXYは車検対応仕様で行きたいので、真っ白の6灯LEDタイプのものにしてみました。

続いてハイビーム。

これもスモールランプのすぐ下にあって、簡単に手が入るところなので交換自体は簡単。ZRR70の前期VOXYだとロービームが内側でハイビームが外側にあるのですが、後期VOXYはロービームが外側でハイビームが内側なので、ハイビームの交換は楽になったのかも。

バルブはHB3なので、HB4と兼用タイプ(バルブ根元のOリングを交換するだけ)で一番安かった5200Kのものに変更。フォグと同じ4200Kのものより500円ほど安かったし、HIDは6000Kにするので、5200Kくらいならちょうどいいかな、と、ちょっとケチ心が…。

しかし、安物買いの銭失いとは良く言ったもので、500円をケチったばかりに、このバルブじゃ青すぎてものすごく暗く感じる。そして車検は無理そうな青さ。こりゃいずれ買い直しかな…。

最後にロービーム。

お店にあったもので比較的安いもの(一番安いのは一応やめておいた)を選んで、念のためにそのメーカーのカタログで適合車種を調べて、D2Cの35Wで6000Kのものに。

でもこれ、いざ交換してみると、点灯させて数秒でライトが消える。純正のバルブに戻すとちゃんと点灯する。ネットでよくよく調べてみると、VOXYはD2SではなくD4Sのバルブを使うらしいので、D2Cは適応外ということがわかった。ということは、D4Cじゃないとダメ。バルブメーカーの適合表が間違っていたらしい。

しかし、残念ながら開封して一度装着してしまったので返品は不可。

ということで、ロービームとハイビームに関してはまたいずれ買い直す破目になりましたとさ。いずれ…ね(´Д`)

妹が乗ってるエスティマのロービームが確かD2Rだから、使えなかったD2Cバルブは今度地元に帰ったときにエスティマに付けてあげることにしよう。

ちゃんと調べないで買った自分が悪いとは言え、ロービームとハイビームに関しては痛すぎる無駄な出費デシタ…。

ナビでSDカードを使うために

VOXYにはディーラーオプションのHDDナビがついていますが、音楽を聴くためにCDからHDDに曲を追加するのはいいけれど、嫁と自分では趣味の異なるジャンルがいくつかあるので、そのたびに曲を飛ばしたりするのがやや面倒…。

SDカードでも曲を聴くことができるので、じゃあ自分はSDカードにお気に入りの曲を詰め込んで、自分が運転するときはSDカードから聴けばいいじゃないか!というのがそもそもの発端でした。

しかし…。

ナビでSDカードを使うためには、PanasonicのSD-Jukeboxを使って曲データをSDカードに入れる必要があるとのこと。しょうがないので4000円弱ほどで購入して、いざSDカードに曲を入れようと思ったら…SDカード認識せず。

PCでは認識しているけれど、SD-Jukeboxからは認識してくれないので、おかしいな~と調べていたら、どうやら著作権保護機能(CPRM)対応のSDカードリーダ/ライタが必要なんだとか。

うちにある全てのリーダ/ライタで確認してみましたが、どれもCPRM非対応。

がーん。

またやってしまった。ちゃんと調べもせず買うものだから、結局余計な出費が増えていく(´Д`)

ということで、しょうがないのでPanasonicのSDXCにも対応しているSDカードリーダ/ライタBN-SDCLP3を購入。3000円強。

結局7000円近くもの出費の末、ようやくVOXYでSDカードを使って曲を聴くことができるようになりました。

しかし、SD-Jukeboxが原因なのか、ナビが原因なのかはわかりませんが、VBRのMP3は曲が途中で切れるし、高ビットレートのMP3やAACは認識すらされない。

とりあえずSDカードに入れる曲は、一旦Wave形式にデコードしてからSD-Jukeboxのインポート時にAACに変換して、手動で曲名やアーティスト名を入力していますが、これはこれで激しく面倒。

自動で曲名とアーティスト名を入れてくれる機能がSD-Jukeboxにはあるけれど、半分以上の曲はこの機能のデータベースには登録されていない曲だし…。

これまでの燃費を計算

VOXYが納車されて早1ヶ月ほど。毎週のように給油し、走行距離は2500km近くになってしまいました。明らかに乗りすぎ(笑)

さて、初回給油時の燃費(満タン法)が11.35km/リットルでしたが、その後は…。

二度目:12.33km/リットル
三度目:10.06km/リットル
四度目:11.92km/リットル
五度目:10.58km/リットル

ということで、これまでの平均の燃費は、およそ11.25km/リットル。VOXYに表示されているトータル平均燃費系も似たような数値なので、計算にミスはないはず(笑)

エアコンは前後とも常にON。車体に関してノーマル状態からの変更点は、足回りはモデリスタのダウンサスと18インチ215/45R18だけ。

これから秋になって涼しくなり、エアコンが必要なくなれば、もうちょっと燃費が良くなるかも?という期待をしつつ…。

ちなみに、高速道路の合流で強めに加速したときの瞬間燃費は4.1km/リットル。これ以上は数値が下がらなかったけど、これは「どんなにアクセルを踏んでも4.1km/リットル以下の燃費にはならないよ」ということなのか、回転数が5000rpmくらいだったから、もっと回転数を上げれば数値が下がったのかどうかは不明。

最低燃費というのも気になるところではありますが、ミニバンなので、大人しく走りましょう(笑)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック