ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

余震だけでなく、新たな地震も

昨日の夕方の地震から大き目の地震が頻発しているけれど、これは最大震度6弱だった昨日夕方の余震の余震だと考えられるらしい。

それでも今日の昼までに、福島県浜通りで最大震度5弱が2回、茨城県北部で最大震度5弱、長野県北部で最大震度5弱、千葉県東方沖で最大震度5弱と、最大震度5弱以上だけでも5回。最大震度4以上で見てみたら11回も。約18時間の間にこれだけ大きな揺れがあるんだから、また活発になってきたのかなぁ。

中でも長野県北部を震源とした今朝の地震は、余震ではなく新たな地震と考えられるらしい。

すでに忘れ去られている感があるけれど、3・11の本震の翌朝には新潟県中越を震源とした震度6強や6弱が頻発し、長野県北部で大きな被害をもたらしているので、今回の長野県北部を震源とした地震でさらに被害が広がっていないことを祈るばかり。

もちろん、昨日の大きな余震でさらに被害が広がった地域でも、これ以上被害が広がらないことを祈るばかり。

しかし、福島原発の事故評価がレベル7になり、程度の差はあれどチェルノブイリ原発事故と同じレベルになったことで、さらに復興に足枷がついたことになるかな。

事故後もバカの一つ覚えのように「安全だ」「問題ない」を繰り返してきた政府、もう誤魔化しが利かなくなってくるんでない?

政府の初動対応の遅れや首相の行動などにも多大に問題があるけれど、そもそも安全対策を「必要ない」と突っぱねてきた東電にも多大すぎる責任があるし、レベル7になったことで「お詫びします」と言われても、詫びて済む問題じゃない。

そんな東電の、特に幹部クラスの尻拭いのために、とても過酷な現場で働いていらっしゃる作業員の方々には感謝しきり。どうかご無理をせずに。危険を覚悟で作業にあたっていただき、ありがとうございます。

あの日の恐怖、再び

昨夜遅くに最大震度6強の地震が来て、3・11の巨大地震の恐怖が再び掘り起こされた。

最初は、携帯の緊急地震速報が来たけど「どうせまた誤報でしょ」と思っていたけれど、すぐ後にiPhoneの「ゆれくる」も鳴り出したので、まさかと思って一応身構えていたら、3・11の地震のときのような長い揺れ。1分くらいは続いていたかな。

発表された震度は、自宅のある市は震度3。でも自宅は市の境界付近にあり、隣の市は震度4だったので、震度4くらいの揺れだったかも。

こちらはライフラインに影響はなかったけれど、青森・岩手・秋田では全域で停電、宮城・福島・山形は一部で停電が続いているとか。先の地震・津波からの復興に向けて電力も必要になるので、はやく電気が復旧されますように。

一応女川原発も東通原発も大丈夫そうなので、送電線などが復旧すれば停電は解決しそうだし、福島原発のように原子炉などの冷却ができなくなることはないらしいけれど…これだけ大きな地震が続くと、日本に原発を置くのは非常に危険なことなんじゃないかと思い始めたり…。

今日は風も強いし、なんとなく朝から不安にさせられているけれど、もうこれ以上地震(余震)がありませんように。

そう書いているそばから揺れてるけど…。

地元の長野県では…

長野県も北の方で大きな地震があり、今回の一連の地震での被災地があります。が、ほとんど全国ニュースでは取り上げられず、茨城県以上に忘れられた被災地になっているかも。

実家は被災地から離れた場所なので被害は全くありませんが、やはり地震があったときは大きく揺れたんだとか。親曰く、生まれてこの方、ここまで揺れたのは初めてなんじゃないかな、とのこと。

長野県でもしばらくは燃料不足があったり、ペットボトルの水も数量制限で販売されていたらしい。でもタバコは売り切れもなく、普通に店で買えるらしい。

さて、今回実家に行くにあたり、ようやく北関東道が全線開通したので、そちらのルートを通ってみました。

家からだと、常磐道→北関東道→東北道→北関東道→関越道→上信越道、と5箇所のジャンクションを通っていくことになるのですが、首都圏を通らないので休日なら1,000円。距離も20kmほど長いだけなので、ガソリン代を考えてもこちらの方が安上がりでイイ。

ただし平日に通るのであれば今までのルート(常磐道→東京外環道→関越道→上信越道)の方が安上がり…かと思ったら、平日昼間で東京外環経由が100円安いだけで、それ以外の時間帯は北関東道経由の方が安いみたい。ガソリン代を入れても、休日以外はどちらも大差なし、ってところかな。

そうなってくると、北関東道経由にはサービスエリアがほとんどないのと、景色の変化があまりなくてつまらない、というのがあるので、もし休日料金にならないときに帰省するなら、今までどおり東京外環道経由の方がよさそう。

と、イロイロ考えてはみたものの、どっちがいいかというよりも、高速道路を使う場合には「このルートしかない」状態から、「ルートが選べる」ようになったことの方が、メリットとしては大きいかな。

新期はじまる

地震と津波、原発騒ぎであっという間に3月も終わり、世間は新期となりました。

東日本の、特に東北地方ではまだまだ復興が思うように進まない状態。原発問題が復興の足を引っぱり、計画停電の無計画さに復興資材や加工食品などの生産も大幅に減っていて、いつになったらこの状況(特に原発)が改善するのか先が見えない中、新社会人の入社式のニュースが流れてきました。

東京や西日本では、今回の震災のためにさまざまなイベント(花見など)が自粛ムードになっていますが、はたして日本全体が自粛ムードになってしまってよいものかどうか。むしろ、今元気な地域の人たちで盛り上げてくれないと、日本経済が停滞してしまって余計に悪循環に入ってしまいそうな雰囲気。

お酒を飲んでバカ騒ぎ、というのはいつでも自粛大歓迎ですが、ある程度のイベントは通常通りに開催してほしいもの。

とは言え、まだまだ地震は頻発していて、余震ではない地震もあるらしく、気が抜けない状態ではあるかも。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック