ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

ガラケーの待ち受け時間はすごいね

フィーチャーフォン、いわゆるガラケーであるSH-05Dを新規契約で買ってから、昨日でちょうど一週間。買った日の夜に満充電にしたまま、結局今日まで一度も充電しないままでいましたが、8日目となる今日でもまだ電池の残りが60%強も残っていることにびっくり。

Android携帯、いわゆるスマフォに機種変してからそろそろ3ヶ月、スマフォの電池消耗の激しさにもやっと慣れてきた頃だったので、このガラケーの待ち受け時間の長さには驚くばかり。

SH-05Dは他の機種に比べて電池の容量が大きい(1000mA強)ので、そのぶん待ち受け時間も長いだろうけど。

やっぱり「携帯電話」というのはこういうものだよな、と、強く強く再認識させられました。スマフォは通話機能もあるけれど、やっぱり情報端末であって「携帯電話」ではないよなぁ。

稲刈り

雨が降ってしまったので延期になっていた稲刈り。今日は晴れてくれたので、昼過ぎから開始となりました。

さすがに田んぼの中は多少ぬかるんではいたものの、昨年ほどぐちゃぐちゃでもなく、ちょっと足を取られるかな~程度だったのは救いかも。

昨年は父親と2人だけの作業だったので数日かかりましたが、今日は小学生の姪っ子2人が休み(土曜に運動会だったための振り替え休日)だったので、手伝ってもらえたのも大きかったかな。夕方には妹も手伝いに来て、なんとか今日中に終わらせることができました。

とは言え、最後の方は真っ暗な中の「はぜ掛け」だったけども。

一番心配だった稲刈りが終わったので、とりあえず脱穀までは一息つけますなぁ。

Android携帯は「電話」じゃないね

スマフォ1本にまとめてからというもの、電話が非常に苦痛になった。というのも、通話中に電話アプリが落ちたり、通話がプツプツと途切れることがしばしば。

自分のZETA(SH-09D)だけかと思ったら、結構どの機種でも通話が途切れることは多いとのこと。

「電話を携帯」したいのに、一番基本となる通話部分がこれじゃ、正直使い物にならない。大事な電話などがかかってきても、通話が途切れてしまったら肝心な部分を聞き逃したり、何度も聞き返さないといけないのは相手にも失礼。

しょうがないので、再びフィーチャーフォン(俗に言うガラケー)を持つことにしました。

スマフォがdocomoなので、auの携帯にしようかと思っていたけど、在庫のある携帯はK国製のものか、もう2年も前に発売された機種のみだったので、またまたdocomoにすることに。

現行機種はほとんど在庫があったのですが、電池の容量が大きくて、個人的に好きなメーカー、そして一括払いなら機種代金が13,000円だったSH-05Dに決定。

やっぱり電話機として考えるなら、フィーチャーフォン(docomoの場合、iモードケータイというらしい)は外せません。

ZETAは通話機能を諦めて、情報端末として使うことにしよう、そうしよう。そもそもスマフォって、小型のPCとしての意味合いの方が強いもんね。

Androidの不安定さ

置くだけ充電でスマフォを充電していたら、充電状態のままフリーズしていた。

電源ボタンも反応しないので、仕方なく電池を外して電源を落とし、再起動。

再起動後は特に何の問題もなく、電池も100%まで充電されていたのでよかったけど、やはりAndroidはフリーズが多いなぁ。

偶然にも同じ場所で撮影した写真

写真の整理をしていたら、高速道路を走行中に撮影した写真が何枚か出てきたのですが、その中に偶然にもほぼ同じ場所で撮影した写真がありました。

最初の写真は、2000年11月に撮影した写真で、上信越道上り碓氷軽井沢I.C.付近のもの。当時のカメラは、な、なんとEPSON Colorio CP-100。

2000年11月の碓氷軽井沢I.C.付近

次の写真は、2009年11月に、ほぼ同じ場所で撮影した写真。こちらのカメラはCANON IXY Digital 900IS。

2009年11月の碓氷軽井沢I.C.付近

最大画素数が30万画素程度しかないCP-100と、700万画素程度の900ISでの写りを比較したいわけではなく…今では当たり前のように二車線で走っている高速道路が、2000年当時はまだ対面通行だったという違い以外、あまり景色が変わっていないな~と。

当時の長野県内の上信越道って、1998年の長野冬季五輪に間に合わせるために、ほとんどの区間で対面通行70km/h制限だったんですよね。トンネル内なんかは対向車が怖かったし、坂道が多い部分で遅いトラックが前を走っていると、一般道よりもノロノロ運転だったり、いろいろ大変でした。

I.C.の前後1~2kmの区間だけが二車線だったので、ほとんどの車は二車線区間に入った途端に、猛スピードでトラックを追い抜いていくという光景が日常茶飯事だったな~。二車線区間が終わるあたりでは、強引な追い抜きや割り込みなんかもあって、よく事故にならないもんだ、と、ある意味関心したり。

ちなみに、トリミングの関係でそうは見えないかもしれませんが、2枚の写真とも助手席から撮影しています。運転手にカメラを構えて写真なんか撮っちゃダメですよ!ましてや高速道路なんか、危険すぎます!

ガリポタが品薄だと!?

ガリガリ君のコーンポタージュが売れすぎて生産が追いつかないらしく、販売休止になるんだとか。

あれ、コンビニには山のように置いてあるし、いったいどこで品薄になってるんだろう?そもそも品薄ってわけではなく、受注が増えすぎているってことなのかな?

トクホのコーラも売れすぎて品薄という報道があったけど、地元では山のように在庫があって、かなり値引きされて処分価格(最安で68円)になっていたことを考えると、今回のガリポタも品薄を狙った戦略?

食べられなくなるのは残念ですが、販売再開される頃にはブームが去ってしまって、不良在庫を抱えることにならないといいけど…。

と心配しつつ、今日もガリポタを食べる自分(笑)

ガリガリ君コーンポタージュ

ガリガリ君リッチに、期間限定でコーンポタージュ味が登場したということで、さっそく試してみました。

自分としては、これはアリ!最初のひと口を食べるまでは興味本位程度だったのですが、いざ食べてみるとうまい!これはこれでアリですよ!

ただ…コーンの粒はいらないかも…。

ナシ味も好きなので、これからガリガリ君を買うときはどちらを買おうか悩むことになりそうです…。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック