ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

ツイッターのリストで仕様変更?

昨日から、リストに登録しているうちのひとりの「他人へのリプライ」が全て表示されてしまう状態になったんだけども、これってツイッター側で何か仕様変更でもあったのかなぁ。

ホーム(通常のタイムライン)には表示されず、リプライの方にも表示されないのに、自分で作ったリストのタイムラインにだけ表示されるのがまた謎。しかも、全員がそういうわけじゃなく、特定の1人だけ。

しかも常にではなく、朝の挨拶ツイートのみ、というのがまた謎。

本人に聞いてみても特に設定を変えていないらしいし、どうしちゃったんだろう?

こちらとしては別に迷惑でもないし、なんでだろう?と気になっているだけなので問題はないですが、ホント、何でなのかがすっごい気になる…。

仮想PCにCentOS6.4インストール

LAMP環境で動作確認したいことがあったので、仮想PCにCentOS6.4をインストールしてみました。そのときの手順メモ…を書こうかと思ったけど、特に注意すべきこともないので、手順メモはナシ(笑)

とりあえずサイトからCentOS6.4の64bit版をダウンロードしてきて、VirtualBoxを使って仮想PCへ。

インストール時にWebサーバとMySQLをインストールするようにチェックを入れて、あとはインストール完了を待つだけ。インストール完了後はユーザーを作り、TeratermからSSHでログインして作業。

ここまで、設定という設定をしないですんなりできてしまうのは、やはり時代の流れですかねぇ。楽になったものだなぁ。

久しぶりのLinuxはうろ覚えの部分が多かったですが、考えるより先に手がコマンドを入力しているあたり、体に染み付いたOSなのかもしれない…。

[PS3] HDDの換装

我が家のPS3は初代60GBのもので、いまだにHDDは60GBのまま。基本的にDL販売ものは購入しないので、60GBでも足りなくなることは皆無なのです。

ですが、もうPS3を購入して6年くらいになるのかな。HDDの寿命を考えると、そろそろ交換しておいた方がいいかな、ということもあって、手持ちの160GBと交換してみることにしました。

一旦USBのHDDにバックアップをとってから、HDDの交換。底面のフタを外して、青いネジを外して、レバーを起こしてずらすだけでHDDは簡単に外れ、逆の手順で簡単に戻せるようになっていたので、特に苦労することもなく。

初期型PS3はシステムアップデート情報を本体に保存するらしいので、HDD交換後はHDDフォーマット→USBのHDDからバックアップファイルをリストアする、という手順だけ。簡単に終わってしまいました。

これでHDDの寿命はしばらく考えなくてよさそうなので、PS3本体が故障しないことを祈るばかり、かな(笑)

[PS3] ヴァンパイアリザレクション

久しぶりに発売日が待ち遠しいゲームでした。昔は仲間内でさんざん対戦して遊んでいたヴァンパイアシリーズの、ヴァンパイアハンターとヴァンパイアセイヴァーをひとつにまとめてHD画質に対応させたゲームの登場です。

とは言っても、ゲーム自体の画質はアプコンさせただけのようなものですが…。

お値段が3,000円ほどということもあって、都心などでは売り切れ店が続出で手に入らない人も結構出ているとか。こちら田舎では安定の山積みでした(笑)

ヴァンパイアセイヴァーは業務用基盤(CPS2)で所有しているくらい好きなので、やりこみ要素もあるようだし、当分は楽しめるかな~。

あー、PS3で使えるスティックタイプのコントローラーがないや。SIXAXISでがんばるか…。

PC-9821Beを引っ張り出す

ずっと部屋の片隅に放置されていたPC-9821Be/U7Wを、久しぶりに引っ張り出して電源を入れてみました。

PC-9821Be/U7W

10年くらいほったらかしになっていたはずですが、ちゃんと電源も入り、内蔵のHDDも無事みたい。MS-DOS 6.2が起動して、愛用していたメニューツールが読み込まれていました。

この本体のCバスにはPC-9801-86(通称86音源)とSuper-MPU(MIDI I/F)がささっていて、内蔵HDDは120MB、メモリが16MB。HDDにはWindows3.1も入れてあります。FDDは写真を見ての通り、3.5インチ2ドライブ+5インチ1ドライブ。

当時は○学生だったので当然自分では買えず、親に買ってもらったものなので、BASIC言語で曲を打ち込んだりゲームを作ってみたり、とにかく使い倒していた記憶があります。

Windows95が出た頃からDOS/V機(PC/AT互換機)を使うようになってしまったので、自分が最後に使っていたPC-9800シリーズになるかな。

良くも悪くも、昔はPC-9800シリーズがスタンダードともいえるくらい主流でしたっけ。

東日本大震災から2年

当時茨城にいて震度6弱を経験したわけですが、その経験から早くも2年が経過してしまいました。

漠然と、この「3月11日」という日に不安があって、また大きな地震がくるんじゃないかと考えてしまうのですが、この不安感はいつになったらなくなるんだろう。

最近特に思うことは、地震によって苦労したことや辛かったことなどは、実際に体験した人じゃないと共感が得られない、というのがよくわかった、ということ。

仕事関連でお会いした人の中には、やはり震災時に茨城にいたことで「どうだった?」と聞いてくる方も少なからずいて、大変だったこと、辛かったことを話したりするのですが、ほとんど返ってくる言葉が「でも津波が来なかったんだからまだ楽でしょ?」と。

確かに津波による被害があった地域に比べれば、被災の程度は低いかもしれないけど、それでも未曾有の大地震によって被災をしたことには変わりないわけだし、決して楽ではなかったわけで…。

また、「俺は震度4の地震を経験してるんだよ。震度6なんてたかだか数字が2増えただけで、大して変わらないだろ。」なんていう人(一応、お偉いさんらしい人)もいて、「あー、やっぱり大地震を経験していない人にはわからないんだな」と。

そりゃね、報道でも「地震のみの被災地域」はほとんど無視されて、「津波または原発による放射能被害地域」のみ大地震の被災地として取り上げられているくらいだもの、しょうがないよね。

某局の古舘なんかは「被災地である茨城と千葉…あ、失礼しました。被災地である岩手・宮城・福島では…」と言い直していたもんね。これ、絶対忘れない。

そんな訳で、こと震災に関してはいまだに不快な思いをすることも多いですが、自分の中では、少しずつですが思い出に変えていこうと思っています。

そろそろサブPCもWin7かな

メインのPCはだいぶ前からWin7を使っているせいか、最近はサブPCやノートPCのWinXPが使いづらいと感じるようになってきました。それくらい、Win7は使いやすいOSなんだと思う。

しかし、サブPCはCPUがceleronのデュアルコアなので、せめてCore2Duoあたりに乗せ変えないと厳しいかなー。ノートPCはネットブックなので、そもそもWin7はかなり厳しそう。

ある程度の出費はしょうがないとして、果たしてどの辺にボーダーラインをもってくるか。

3万円ほどで買えるデスクトップを購入してCPUだけ強化する方が、今後のことを考えてもお得な気もする(サブPCは最近のceleronなら問題ない)けど、問題なく動いているPCをお役御免するのももったいないし。

そんな感じでここ最近悩んでいるのですが、こうやって悩んでいる間が一番楽しいことは、言うまでもない(笑)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック