ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

早くもエアクリ交換

社外のむき出しエアクリは、1台目の180SXでBLITZのSUSパワーを使っていた以外、2台目180SXも、JZX90マークIIも、JZX100チェイサーも、一貫してHKSのパワーフロー(通称毒キノコ)を使ってきました。

HKSはあまり良くないとか、タービン壊れるとか言われていますが、自分が今まで使ってきて特にそういった不具合もなかったのと、パワフロは交換フィルタが容易に手に入ること。そして、フィルターの交換が簡単なことがあって、好んで使っていました。

そして、今回ER34でもスーパーパワーフローリローデッドを購入して着けたのですが…。

ER34前期の樹脂タービンは特に、パワフロで取り切れないゴミのせいで樹脂フィンが割れたり、トラブルが比較的多いという話を良く見かけたこともあって、何となく怖くなって別のエアクリに交換したくなりました。

一応、近いうちにER34中期純正のメタルタービンに交換する予定(タービン自体は既に入手済)なのですが、譲ってくれた人も「HKSはやめておいた方が…」と言っていたので、強く背中を押された気分。

そこで、オススメされたのはA'PEXiのパワーインテーク。

集塵率もなかなか良いらしく、お値段も安め。交換フィルタは高いし、なかなか店頭では見かけませんが、そっくり交換タイプなので安心ではあるかも。HKSの交換フィルタは安いけど、隙間が空いてしまったらフィルタの意味がないですしね。

一応交換フィルタも一緒に注文したものが昨日届いたので、さっそく毒キノコから交換してみました。

A'PEXiのパワーフロー

おっ!今回は写真があるじゃん!と驚かれそう(笑)

エンジンルームに赤が映えますね!毒キノコよりは吸気音が(若干ですが)小さく、音が少し低めにはなりましたが、それでも車内まで十分聞こえるほど。マフラーがまだ純正だから、というのもあるかな。

そして、大気開放にしていたブローオフも、リターンに変更しました。

BLITZのブローオフをリターンに

キレのいい開放音は魅力ですが、やっぱりエンジンに良くないらしいし、ブローオフの音はリターンにした場合でもエアクリから聞こえるので、これでよしとしましょう!

オートゲージのメーターが…

ブースト計は、JZX100チェイサーツアラーVのときにお気に入りだったオートゲージにしました。当然新しくなっていて、エンジェルリングがついて見た目もパワーアップ!していたので喜んでいたのですが…。

壊れました。

たった一週間で。

それまで普通に動いていたのに、信号待ちしていたら突然メーターが真っ暗になって、それっきり。

家に帰ってから、配線の接続関係を見直してみたけど問題なし。アースもちゃんと取れてる。さらにテスターで一箇所ずつ調べてみたけど、断線もしていない。となると、メーター本体がダメっぽい。

これは…安物買いの銭失い状態か…。

過去の経験から、ブースト計だけはどうしても必要なので、仕方なく買い替えを決意。オートゲージに惹かれるけど、またすぐに壊れたら嫌なので、DefiのRacer Gaugeシリーズのブースト計を注文しました。

こんなにすぐ壊れるなら、初めからDefiかBLITZあたりにしておけばよかった、と後悔しても後の祭り。

ここ最近、不運が続くなぁ…。

ナビ交換

ここ最近、クルマの話題ばっかりな気がする(笑)


諸事情があり、まだ二週間しか使っていないMilionのナビ(るるぶマップ入り!と謳われている安いヤツ)を妹のエスティマにつけることになったので、自分用にナビを買い直しました。

別に高機能を求めたりはしないので、音楽が聴けて、ある程度案内してくれる安いナビ…と探していたら、KENWOODの彩速ナビをいうのを見つけました。MDV-L301という一番下のグレードが3万円台。KENWOODなら、今までの車のオーディオでずっと使ってきているので、安心感もある!

ということで、彩速ナビに決めました。

で、今日届いていました(笑)

あー、なんで写真を撮るのを忘れるかな自分…。

仕事から帰って、薄暗くなりかけた頃から交換作業開始。作業とは言っても、配線を繋ぎ直すだけ。車速センサーとサイドブレーキセンサーは、ターボタイマーの取り付けで引っ張ってきてるので、それぞれ二又にして配線するだけ。バック信号とバックカメラの配線は、Milionナビのときに引っ張ってきてるので、それとつなぐだけ。

彩速ナビ側のアース配線が短くて、これの取り回しに苦労したけど、それ以外は特に難しいこともなく。

やはり有名メーカーのナビは一番下のグレードでもイイネ。音質もいいし、ナビの音声ボリュームが独立して設定できるし、ナビの音声が入るときにはオーディオのボリュームを落としてくれるし。Milionナビはイコライザを設定すると、ナビの音声が音楽に埋もれちゃって聴こえなかったもんね。

レーダー探知機も今日届いていたけど、周りが真っ暗になってしまったので、取り付けは明日のお楽しみ、ということで(笑)

後期エアコンパネル装着

エアコンパネルのバックライトが見辛いことと、バックライトをLEDに交換したのに光を透過していない部分があったのと、表面のベタベタ塗装が嫌だったので、後期エアコンパネル+オーディオパネルのセットをヤフオクで落札しました。

で、今日届いていました(笑)

仕事から帰って、さっそく交換作業!

後期エアコンパネルとオーディオパネルは、オーディオ固定用ブラケットについたままで送られてきたので、単純にナビを外して付け直すだけで交換完了。ついでに前期パネルのバックライト(LED)を外して、後期パネルに移植すればOK…のはずだったのですが、後期パネルは液晶部分のバックライトもM型なのね。前期の液晶バックライトはS型なので、そのまま使うことはできないのでした。

でも、後期パネルはそのままの緑色でも十分見やすく、ムラもないので、わざわざ交換することもないかも?

そして、後期パネルにしたことで、外気温計が使えるようになった!これ、前期型も外気温センサーがついているのに、エアコンパネルに表示する機能がない、という意味不明な仕様なので、後期パネルにするだけで外気温が表示できるようになるという、お得なのか、今までが損なのかよくわからない状態。

機能として装備されているものが使えるようになったんだから、ヨシ、ということでいいかな。

そして、ベタベタ塗装ともオサラバできたのが大きい!

あとは、三連メーターのフードと、エアコン吹き出し口もベタベタ塗装じゃないものに交換したいな。そしてMT車なのにAT用のシフトパネルを使っているので(AT→MT換装ではなく、車体を買ったときにもともとついていなかった)、ここもMT用でしかもベタベタ塗装じゃないものにしたいナー。

ヤフオクにたまに出るけど、競争率高くて…。

中期純正メタルタービン購入

年式もさることながら、もう15万km近く走っているER34。前期の純正タービンは吸気側が樹脂ブレードということもあって、走行距離がのびてくるといつ寿命を迎えるかが気になってくるところ。

ましてや吸気側が樹脂なので、もしバラけてしまってエンジンが吸い込んでしまえば、そのままエンジンブローにもつながる、という情報もあるので、なかなかフルブーストをかけられずにいます。

いろいろ調べてみたところ、ER34の中期純正タービンは、吸気側がメタルブレードに変更されているらしい。後期用になるとコンピュータのリセッティングが必要らしいけど、中期用ならポン付けしてそのままでいいらしいという情報(そもそも、中期タービンは前期向け補修部品として使われているんだとか)。

ということで、ヤフオクで物色。実走行5000km程度、という中古の中期純正タービンがあったので、いくつかある中から、比較的信頼できそうなものを落札してみました。

さすがに自分で交換するのはきついので、知り合いの車屋にお願い。今のタービンが今すぐにダメになるわけでもないし、自分的にもさほど急いではいないので、時間ができたときに作業してもらうことに。

マフラー交換もそのとき一緒にやってもらえばいいかな。

これ、あとエンジンを載せ替えたら、ほとんど手直ししたことになるな~(笑)

カーフィルム施工と車高調整

暑くなりそうだったこともあり、朝8時から動き出しました(笑)

まずはカーフィルム施工。

カット済のフィルムを購入していたので、それを貼り付けるだけなので簡単簡単!と思っていたのがそもそものマチガイだったことに気付いたのは、施工し始めたときデシタ。

リアシートや内張りを全て外し、リアスピーカーなど濡れては困る部分にはビニールシートを広げてマスキングをしてから始めたのですが、セダンの後ろは狭い…。以前、ハッチバックの車にフィルム施工をしたことがあって、その感覚でいたのですが、セダンは狭すぎてきつい。作業する前に気付けよ自分、と思ったけど時既に遅し。

リアガラスは3分割になっていたので、上から順番に貼っていったのですが、気泡入りまくり。フィルムを貼る前にガラスを綺麗にしたのですが、足りなかったらしく、細かい埃のようなゴミがたくさん。できるだけ押し出してみたけど、日向で作業していたためにどんどん乾いてしまい、どうしようもなくなってしまった…。

リアサイドガラスは面積が小さいから大丈夫!とタカをくくっていたら、ここも十分洗浄したはずなのに細かい埃っぽいゴミが。

結局、気泡だらけ&スジ入り&隙間あり。リアの一番下は足りなくて5mmくらい隙間があいてるし。

お店で施工してもらった場合の、作業工賃が高いのも納得。

いずれお金を払って貼り直してもらおう…。

続いて車高調整へ。

ARROWZのフルタップ(全長調整式)車高調を新品で入れたのですが、車検を取るために一番のばした状態(一番車高の高い状態)だったため、リアなんかは純正よりも車高が上がっていたのです。

今まで乗ってきたJZX100やJZX90、180SXなどは大きなエアロをつけていたために、車高は少し高めにしていました。が、今回のER34はエアロレス、もしくは純正エアロ程度の小さなものにするつもりなので、その分車高はめいっぱい下げてしまおう!という考えのもと、フロント3cm、リア6cm落としてみました。

一番のばした状態でリア上がりだったので、リア側の調整幅が大きいですが、調整後はフロントがフェンダーに被るか被らないかくらい、リアは1cmほど被るくらいになりました。

写真を撮ったのですが、イマイチわかり辛かったので、いずれまた、ということで…(笑)

ここまでの作業でちょうどお昼に。

午後は買い物に出かける予定があったので、ついでにフィーリングを確認しに山道へ。

車高が落ちたことで、コーナーはスムーズ。段差があっても擦らなかったし、フェンダー爪折りしていないけどギリギリ干渉しないので、しばらくはこれでよさそう。

JZX100では若干はみ出てしまったオフセット(9.5J +38)も、ER34だと1cm強ほど余裕があるようです。

エアコンパネルと三連メーター

ER34のエアコンパネルの液晶部分は3つのバックライトで光っているのですが、一番左が暗い。よし、だったらLEDにしてしまおう、ということで、CYBERSTORKの超拡散マイクロLEDのラグジーブルーSサイズを注文したのが一昨日。今日届いていたので、さっそく交換してみました。

えー、写真忘れた…orz

交換自体は、エアコンパネルを外して、後ろ4箇所のビスを外して、あとは上下合計7箇所のツメで止まっている部分を外してカパッと割れば、液晶側Sサイズ3個、ボタン側Mサイズ3個が見えてくる、と。ボタン側はカパッと割らなくても交換できるみたい。

液晶側にCYBERSTORKのラグジーブルーSサイズ、ボタン側には孫市屋のホワイトMサイズを入れてみましたが、うん、いい感じ。液晶側がどうしてもムラになってしまうけど、これはどうしようもないかな…。

で、LEDに交換したものの、やっぱり液晶の左側は暗い。どうやらエアコンパネル自体の問題っぽい。動作には問題ないので、いずれヤフオクで探してみようかな。

さてさて、エアコンの吹き出し口を外したついで、ということで、すぐ上にある三連メーターのバックライトも交換してみることに。

えー、こちらも写真忘れた…orz

手前2箇所のネジを外して手前にずらせば、何の引っかかりもなくすんなり外れ、そのままひっくり返せばバックライト交換も簡単!3箇所とも、孫市屋のT5拡散3LED白に入れ替えてみました。

入れ替えてさっそくライトスイッチON!

全部つかない。

あろうことか、3つ全て極性が逆だったようで(笑)

3つとも入れなおしてライトスイッチON!

おお、ついた。でも真っ白じゃなくて青白い。エアコンパネルボタン部分の白は真っ白だったので、こちらも真っ白なのを期待したのに…。ヘッドライトでいうと8000Kくらいの青さ。そして、やっぱりムラが気になる。

でもまあ、安いLEDだからしょうがないか。

オマケに、CYBERSTORKのT10x31 6000K相当、というバルブも買っておいたので、車内灯と交換。これ1つ交換しただけで、車内が劇的に明るくなりました!

えー、こちらも写真なし…orz

作業中って夢中になっているから、ついつい写真を忘れてしまうという。作業後だけでも撮ればいいのに、もうそれすらも頭にないという(笑)

明日辺り、メーターのバックライトをLEDに交換してみようかな。日曜日は天気が良ければフィルム貼りの予定。車高調整もできたらイイナ。

今日も朝からがんばりました!

ER34の手入れはまだまだ続きます。

ウィンカーが自動で戻らない件の調査から。

ステアリング周りをばらしていって、ウィンカーリターンさせる緑色のパーツ(これ何て言うんだろう?3つの突起をステアリングボスに合わせる、まるい筒状のパーツ)まで辿り着いてみると…このパーツを後ろから押してくれるバネがないっ!

このバネがないため、ステアリングボスがこの緑色のパーツを押し込んでしまい、ウィンカーのツメを押し戻してくれないらしい。なんと説明の難しい部分なんでしょう(笑)

仕方ないので応急処置として、厚紙を筒状にしてバネの代わりに入れてみた。グリスの湿気ですぐフニャフニャになってしまいそうなので、早めにバネを入手しないと。日産部品で頼めるのかなぁ…。

とりあえず応急処置の効果はあって、ちゃんとウィンカーが戻るようになった!

つづいてナビの取り付け。

バックカメラも(激安のものだけど)用意したので、まずはカメラの配線から。

リアナンバーの上あたりにステーを使ってカメラを固定し、配線はそのすぐ上あたりにあるゴムパッキンに割り込ませて車内へ。運転席側を、スカッフプレート下などを通して配線を隠し、ステアリング下を経由してナビ後ろへ。

ナビ側のバック信号線も同じ場所を通して、バック信号線とカメラの電源はバックランプの+配線から。

フロントスピーカーがついていなかったので、こちらも取り付け。16cm汎用スピーカーを買ってきたけど、微妙に小さかった…ネジ2本だけ穴が合ったので、そこだけで固定。今はとりあえず、鳴ればイイよ、うん(笑)

配線を全部済ませて、試しに音楽を流してみると…なんだかイヤフォンから音漏れしている音のような、シャカシャカした軽い音。古い車だからこんなもんか、と思っていたけど、一応「スカイラインホログラフィックサウンド」がついているんだから、もうちょっとマシな音が出てもいいんじゃない?とネットで調べてみる。

ホログラフィックサウンドを有効にするには、リアスピーカー配線のカプラーにACC電源を入れないといけないんだとか。カプラーに配線して、そこにACC電源を試しに入れてみたら…フロントツィーターから音が出てるし、リアのウーハーも鳴り出した!いきなり豪華サウンドになった(笑)

ということで、ナビの取り付け完了。Bluetoothで音楽を飛ばすとナビが使えなかったり、iPodケーブルでつなぐとなぜかUSBが反応して再生が止まったりと、安物ナビは誤動作が多くて困りますが、SDカードで音楽再生するとナビを使いながらでも正常に動いてくれるので、これでヨシとしよう。

天気がぐずついてきましたが、続いてウィンカーバルブをLEDに。

これはバルブを差し替えるだけなので簡単。ウィンカーリレーを探すのに手間取りましたが、ハザードをONにして音の出ている場所を探ってみたら、ステアリングコラムの下辺りに発見。手が届きにくい場所だったので、手探りで交換してしまいました。

ようやく音楽も聴けるようになり、運転が少しずつ快適になってきたかな。

次の休みは、まずは車高調整をしようとオモイマス。

仕事から帰ってもパーツ交換

欠品だったオーディオパネル、シフトパネル、シフトブーツと、交換用のサイドミラーが届いていたので、仕事から帰ってすぐに作業を始めました。

サイドミラーは、通常タイプと広角タイプがあったので、広角タイプを落札。VOXYに比べてミラーが小さいので、少しでも広く見える方がいいかな、と。

ドアの内張りを外して、3本のボルトで止まっているミラーを交換するだけなのですが…あれ、ドアの内側に大きな穴が空いてる…。なんと、フロントスピーカーがない!そこまで外すか、前のオーナー…。

ということで、急遽フロントスピーカーも用意する羽目に。いやはや…ホント、ますます解体屋に置いてあった車体なんじゃないかと思えてくる。

とりあえずは音が鳴ってくれればいいので、通販で2,000円くらいの格安スピーカーをポチッと。

オーディオパネルは、まだこれからナビをつけるのではめるだけ。シフトパネルも…あっ、間違ってAT用のパネルを落札してた!やっちまったなぁ!

幸いなことに、ブーツがAT/MT兼用だったので、パネルに仮止めしてとりあえずOK。

これで一応、ミラーは電動でたためるようになったし、コンソール周りもパネルがついたし、用意しないといけないものはなくなったかな。

あっ…またウィンカーの調整忘れてた…。

さっそくパーツ交換

昨日納車になったER34のパーツ交換をさっそく始めました。

まずはエアクリ。いろいろ悩んだけど、今回もHKSのスーパーパワーフロー。通称、毒キノコ。リローデッドになり、ちょっとデザインに高級感がある!

次にブローオフ。これはトラブルの元にもなるパーツですが、やはりブローオフの音が欲しくてターボを選んでいる、という側面もあるので、どうしてもつけたいのです。ただし、なるべく閉め込んでストールしないように。

続いてホーン。やっぱりユーロサウンドがいいんです(笑)

マフラーも交換するために、レガリススーパーRを用意していたのですが、どうもフランジ側の角度が合わないとかで、納車前に交換してもらうことができませんでした。なので、今はまだ純正マフラー。

マフラーが純正なのに、エアクリとブローオフをつける、というのもなんだかチグハグな気がしないでもないですが…。

試しに軽く走ってみたら、吸気音がすごい。マフラーが静かだから余計に聞こえやすいのかもしれないけど。肝心のブローオフは、たぶん締めすぎた…フルブーストに近いくらいまでブーストをかけないと、開放してくれない。ほぼバックタービンの音。うーむ、これは要調整かなぁ。

車高調はまだめいっぱい伸びている状態だし、マフラーも何とか交換しないといけないし、まだまだやることはたくさん。あ、ウィンカーが戻らない件を調整するの忘れてた…。

ER34ついに納車

ここまでいろいろありましたが、ようやく本日、納車になりました!

中古新規車検を通ってきているので、様々な不具合や不都合はほぼ解消され、基本的な部分に不安はもうないはず。後は車検には関係ない部分がどうかな、といったところ。

仕事が終わってウキウキしながら自宅に帰ると、駐車スペースには既にER34がっ!

さっそくエンジンをかけてみる。異音はない。ファンの音が大きいな、という印象。

さっそく動かしてみる。半クラ低めで運転しやすい。純正シートでも十分目線が低い気がする。

さっそくボンネットを開けてみる。見事に全て純正。14万kmの割にはキレイ?

ざっと見た感じ、残る不具合は以下のとおり。

・助手席側ミラーが電動でたためない
・オーディオパネルがない(オーディオ欠品だから?)
・シフトパネル&ブーツがない
・応急タイヤがない
・ウィンカーが自動リターンしない

とりあえず、ヤフオクでパネル類とブーツ、サイドミラーを落札。応急タイヤは…使わないタイヤを積んでおけばいいかな。固定ボルトがないけど、何か代用できるボルトを探すとしよう。

ウィンカーが自動リターンしないのは、調べてみたら、ハンドルボスの一番奥側にある3つのポッチがうまく噛み合っていないか、もしくはウィンカーレバー側のリターン用のツメのようなものが割れているのか。

今日はステアリグをmomoのコマンド2に変え、ハイビームのバルブをケルビン数の高いものに交換して終了。明日は休みなので、朝からいろいろ交換する予定!

車体番号が4桁台という、割と初期の車体。走行14万kmを超えているけど、これから末永く、相棒としてヨロシク!

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック