ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« Defi水温計を装着! | トップページ | ER34が帰ってきた! »

タービン交換へ

日曜日、水温計をつけてから初の山道ドライブ。これで水温があまりに上がるようなら、ラジエーターの交換も視野に入れないといけないだろうな、と思いつつ。

暖気を終えて出発してすぐ、水温は80度前後。いきなり嫌な予感?

しかし、それ以上水温が上がる様子はなく、山道に差し掛かっても、フルブーストを掛けて山道をのぼっても、最大で水温は88度くらい。90度になることは一度もなく。

ということは、先週の白煙モクモクはどうやらオーバーヒート寸前、という訳ではなさそう?

しかし、しばらく走った後、休憩がてら車を停めて外に出てみると、薄い白煙がモクモク。すぐにボンネットを開けてみると、どうもタービンのあたりから出ているみたい。ただ、白煙自体はあまりにおいがなく、わずかにオイルっぽい?

タービンにオイルが滲んでいるのか、それともタービンブローが近いのか、それとも他の原因なのか、ここでは全く判別できず。ただ、ここ最近はブーストがかかっても加速が鈍いような感じはしていました。

あとひとつ気になるのが、先週の白煙モクモク事件の少し前。信号待ちからの動き出しでエンジンルームから「ぐしゃっ」という何かが潰れたような音が聴こえたような気がしたけど、それが何らかに影響している可能性もあるのかな?

ともあれ、原因がはっきりしないので、とりあえずタービン交換がてら調べてもらおうと思います。

で、今回交換するタービンはこれ。

中期純正タービン

ER34中期純正のタービン。型番でいうと、14411-AA110というやつ。前期は吸気側が樹脂ですが、中期からはメタルに変わっているそうで、樹脂よりは壊れにくい…はず?そして、14万kmを超えた車体なので、ブローする前に交換してしまおう、と用意しておいたのです。

で、明日からピット入り。

できればこれで、白煙モクモクがなくなってくれればいいな、と。

« Defi水温計を装着! | トップページ | ER34が帰ってきた! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189342/59954338

この記事へのトラックバック一覧です: タービン交換へ:

« Defi水温計を装着! | トップページ | ER34が帰ってきた! »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック