ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

« いよいよ息子の入学準備が始まりました | トップページ | またしても長い間更新をしていなかった…。 »

ルータとNASのログをsyslog転送

会社のルータとNASのログを保存するためにsyslogの設定をしたので、備忘録としてメモメモ。


Baffalo製の無線ルータが複数ありますが、ログは全てまとめて以下のファイルに出力させる。

/var/log/router

そして、NASのログは以下に出力させる。

/var/log/terastation

出力先ファイルは、あらかじめ touch で作成しておく。


さて、設定。

社内テスト用のWebサーバ(CentOS 5.11)を立てているので、このサーバにsyslogサーバを兼任させることに。すでにsyslogはインストールしてあるので、以下の通りに設定。

◆ /etc/syslog.conf に以下の行を追加。

# Router
local1.*        /var/log/router
# Terastation
local0.*        /var/log/terastation

Baffaloのルータはファシリティ「local1」で投げてくるとのことなので、「local1」は全てルータからのログとみなす。

Terastationはどうやら「local0」で取れるようなので、「local0」は全てTerastationからのログとみなす。


◆ /etc/sysconfig/syslog に赤字を追記

SYSLOGD_OPTIONS="-m 0 -r"


◆ /etc/logrotate.d/syslog に赤字を追記
/var/log/messages /var/log/secure /var/log/maillog /var/log/spooler /var/log/boot.log /var/log/cron /var/log/router /var/log/terastation {
    sharedscripts
    postrotate
        /bin/kill -HUP `cat /var/run/syslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
        /bin/kill -HUP `cat /var/run/rsyslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
    endscript
}


以上でsyslogを再起動すればOK。あとはルータやNAS側の設定で、ログ転送設定をすれば完了。

« いよいよ息子の入学準備が始まりました | トップページ | またしても長い間更新をしていなかった…。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189342/62309320

この記事へのトラックバック一覧です: ルータとNASのログをsyslog転送:

« いよいよ息子の入学準備が始まりました | トップページ | またしても長い間更新をしていなかった…。 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック