オンラインゲーム関連

スポンサーリンク


[PS3] HDDの換装

我が家のPS3は初代60GBのもので、いまだにHDDは60GBのまま。基本的にDL販売ものは購入しないので、60GBでも足りなくなることは皆無なのです。

ですが、もうPS3を購入して6年くらいになるのかな。HDDの寿命を考えると、そろそろ交換しておいた方がいいかな、ということもあって、手持ちの160GBと交換してみることにしました。

一旦USBのHDDにバックアップをとってから、HDDの交換。底面のフタを外して、青いネジを外して、レバーを起こしてずらすだけでHDDは簡単に外れ、逆の手順で簡単に戻せるようになっていたので、特に苦労することもなく。

初期型PS3はシステムアップデート情報を本体に保存するらしいので、HDD交換後はHDDフォーマット→USBのHDDからバックアップファイルをリストアする、という手順だけ。簡単に終わってしまいました。

これでHDDの寿命はしばらく考えなくてよさそうなので、PS3本体が故障しないことを祈るばかり、かな(笑)

[PS3] ヴァンパイアリザレクション

久しぶりに発売日が待ち遠しいゲームでした。昔は仲間内でさんざん対戦して遊んでいたヴァンパイアシリーズの、ヴァンパイアハンターとヴァンパイアセイヴァーをひとつにまとめてHD画質に対応させたゲームの登場です。

とは言っても、ゲーム自体の画質はアプコンさせただけのようなものですが…。

お値段が3,000円ほどということもあって、都心などでは売り切れ店が続出で手に入らない人も結構出ているとか。こちら田舎では安定の山積みでした(笑)

ヴァンパイアセイヴァーは業務用基盤(CPS2)で所有しているくらい好きなので、やりこみ要素もあるようだし、当分は楽しめるかな~。

あー、PS3で使えるスティックタイプのコントローラーがないや。SIXAXISでがんばるか…。

Windows版FF8を発掘!

プレイステーション版より若干グラフィックが綺麗というだけで購入したものだったと思います。

Windows版FF8

プリントレーベルですが、特に初回限定という訳ではなく、Win版は全てこの仕様だったかな~。Win版向けに描き下ろされた絵だったはず。

Win95/98専用とのことですが、一応Win2000/XPでも動作確認は取れているとのこと。しかしVista以降は動くかどうか不明。とりあえずWin7で動くか試そうと思ったら、ディスクが「トラックアットワンスのCD-RW」として認識されてしまい、さらに追記状態になってしまって取り出し不能になってしまいました。

PCを再起動させないと取り出せないため、ゲーム中のディスク入れ替えは不可能な状態。

きっとこれは、Win7では動作不可能ということになるんだろうな。ディスクをイメージ化すればいけるのかな?

ということで、メインPCでは遊ぶことができないので、機会があればセカンドPC(WinXP機)で遊んでみようと思います。

PS4が発表される

ついにPS4の情報が正式に発表されたわけですが、個人的に気になるのは、消費電力、お値段、そして下位互換性。

PSシリーズは常に下位互換を考えられたハード(PS3は途中からPS2互換性がなくなりましたが)だったので、やはり今回も期待してしまうわけで。しかし、クラウドからのストリーミングでの互換性のみで、メディアレベルでの互換性はないのだとか…。

うちの初期型PS3は初期型なので、消費電力も大きければファンのうなりもすごいわけで…PS4に下位互換があれば、買い替え候補だったんだけどなぁ。

今回の発表では、新型のコントローラーが公表されただけで、本体のモックどころかデザインすらなく、当然お値段も未公表。噂されていた、中古ゲーム対策は導入されないとのことで一安心でしたが、正直なところ今の状態では欲しいと思えない。

ただ、Cellを見限ったことで、この先は多少期待できる部分もあるかな。グラフィック性能なんかは、RADEONのカスタマイズらしいから、PCゲームなどとの同時開発は比較的容易になるかもしれないし。

今はまだ「発売するよ」ということがわかった段階なので、この先だんだん公表されていくであろう情報を期待しようかな。

Wii/WiiUの有線LANは10BASE-Tまでだとっ!?

Wii/WiiUはWi-Fi規格の無線LANを標準搭載しているけど、有線LANを使うには別途USBのアダプタが必要になる。が、このアダプタ、100BASE-TX対応の通信機器と接続しても、Wii/WiiU本体の仕様により、10BASE-Tまでしか使えないらしい。

10BASE-Tというのは、つまり10Mbpsまでしか速度が出ないということ。

Wii/WiiUはWi-Fi対応なので、最低でもIEEE802.11gの54Mbpsに対応しているということ。つまりは、有線LANより無線LANの方が速いということになってしまう。

これって意味あるのかな?いくら安定しても、速度が出ないんじゃ…。

Wii/WiiU本体の仕様で、というのはどういうことなんだろう。USBは2.0対応のようだし、有線LANのチップはUSBのアダプタに乗っているはずだし…通信アプリ側の問題なのかな?

[サイバーガジェット、Wii U用「LANアダプター」発売 ― 通信切断などを気にせずネットプレイが可能に]
http://topics.jp.msn.com/digital/game/article.aspx?articleid=1630538

もう25年も経つんですね

25年前の今日、PCエンジンが発売されたらしい。

PCエンジンといえば、ゲームがファミコンのようなカセットではなく、Huカードと呼ばれるカード型だったので、カードフォルダのようなものに入れてしまっておけるのが楽でよかった記憶があるなぁ。SUICAやPASMOを2~3枚重ねたくらいの大きさだったかな。

家庭用ゲーム機初のCD-ROMを使ったCDロムロムなんてのもあって、当時5万くらいしてたかな…親父に頼み込んで買ってもらった記憶があったり。

いまだに実家の押入れには、初代PCエンジン(白い本体)、コアグラフィックス(グレーに青いライン)、CD-ROM2システム、Duo-RXが眠っていたりします。天の声(セーブデータ保存用の外部ユニット)がないし、CD-ROM2システムもDuo-RXも内蔵バッテリーが劣化しているため、実際にゲームで遊ぼうにもセーブデータがすぐ消えてしまう状態なので、ほとんど押し入れから出てくることはないけど…。

でも、いろいろ思い出深いハードなので、大事にしまっておくことにします。PCエンジンは互換機も見かけないしねぇ…。

PS3 Media Server

今までTVersityというDLNAサーバを使っていたのですが、最新バージョンにバージョンアップしたら突然PS3側から認識されなくなり、PCからも認識できなくなってしまったので、簡単な設定のみでISOファイルから共有できるというDLNAサー名「PS3 Media Server」を試してみることにしました。

このサーバアプリは、ホントに設定が簡単で…というか、共有フォルダの設定以外はそのままでもOKという、とにかく簡単なもの。

まずは公式サイト(http://ps3mediaserver.blogspot.com/)に行き、「PS3 Media Server vx.xx.x for Windows/Linux/OSX」というリンクをクリック。次のページで「pms-setup-windows-x.xx.x.exe」をダウンロード。x.xx.xの部分はバージョン番号で、自分がダウンロードしたときは1.30.1。

ダウンロードしたファイルを実行してインストールしたら、起動!もしPCにJavaがインストールされていなかったら、起動前に勝手にJavaのインストール画面を出してくれるので、別途用意する必要はナシ。

ステータス画面では、同一ネットワーク内にあるPS3やWindows Media PlayerなどのDLNAクライアントを自動で検索してくれ、おおよその接続速度まで表示してくれる。

設定が必要なのは「表示/共有設定」タブの中で、一番下にある「共有フォルダ」に共有したいISOファイルが置かれているフォルダを指定するだけ。その他表示設定などはお好みによって設定すればいいので、最初はデフォルトのままでいいかも。

実際にPS3 Media Serverを起動した状態で、PS3を起動してみると…ちゃんと認識されていました。ISOファイルを指定すれば、最初少し待たされるけれど問題なく再生される。

ISOファイル以外にも、MPEG4やMPEG2などの動画ファイルも共有できるので、TVersityからこちらに置き換えてしまってもよさそうな感じ。日本語にも対応しているしね。

詳しくはまとめWiki(http://www42.atwiki.jp/pms_ps3/)に載っていたので、ご参考に。

3DSをさわってきた

ゲームショップへ行ったところ、噂の3DSの店頭デモ機があったので、さわってきました。

裸眼で3Dに見えるのはすごいんだけど、なんだろう、昔あった3Dっぽく見えるシールみたいな、何か変な感じ。そしてきっちり3Dに見える範囲が狭いのか、ちょっとでも視点をずらすと画面が二重に見える。

とりあえず5分ほどで目が痛くなってきたので、自分には3DSの3D映像は合わないかもしれない…。

技術としてはすごいと思うけど、それが携帯ゲーム機に必要かといわれれば、微妙なところ。

[PS3] ロックマン10購入

理由はないけれど、急にロックマンがやりたくなってしまったので、PlayStation Storeからロックマン10を購入してみました。1,000円也。

懐かしいドット絵と8bitサウンドに感動しながらも、いざゲームを始めてみると難しいのなんの。8ステージどれもボスまでたどり着くことすらできず、穴には落ちるわ、トゲには刺さるわ、敵の弾には当たるわで、もうボロボロ。

昔はボスまでノーダメージで進んで、半分遊びながらボスを倒していたのに…。

腕が落ちたのもあるかもしれないけれど、加齢による反応の鈍さが問題なのだろうか…。

ということで、せっかく購入したのに楽しむことすらできず、なんだか悶々としていたり(´Д`)

薄型PS3が発表

そろそろ来るぞ来るぞと言われていた薄型のPS3が、ついに発表!お値段はさらに安くなって29,980円!

さすがにこの値段なら、ブルーレイプレーヤー+DLNAサーバ+PS3ゲーム+PSゲーム+インターネットと考えると割安感があるかも。ブルーレイプレイヤーだけだとしても、お手頃なんじゃないかな。

大きさも消費電力も従来機の2/3くらいになったらしいし。

さすがにまだPS2との互換性はないらしいけど、そのうちアップデートで対応されるんだろうなぁ。

そんな我が家のPS3は、初期型の60GBタイプ。SDカードやCFカードなどのスロットがついて、PS2との互換性もあるタイプ。でも発熱量は凄いし、消費電力もそれなりに大きいので、DVD/BDプレイヤーやDLNAクライアントとして使うには、ちょっと電気代が気になる…。

薄型より高級感がありますが、逆にキズが目立つので、その辺は良し悪し。

なにはともあれ、薄くなった新型PS3をきっかけに、PS3向けのゲームがもっとたくさん増えてくれることを願うばかりデス。