ご注意ください

  • 当ブログのコメントやトラックバックに、アカウントハックサイトや、そのようなサイトへリダイレクト(転送)される可能性が高いサイトへのリンクが時々貼られているようです。
    そのようなサイトへのリンクが貼られたコメント・トラックバックは、見つけ次第削除・禁止ワード登録していますが、今後も危険なサイトへのリンクが貼られる可能性がありますので、安易にリンク先へ飛ばないよう充分ご注意ください。

オンラインゲーム関連

著作権表示

  • 当ブログに記載されている
    会社名・製品名・システム名などは、
    各社の登録商標、もしくは商標です。

    当ブログ上の文章・写真・画像の
    無断転載、無断転用、直リンクなどは
    行わないでください。

    (C) 1998-2016 Vertex.
    (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD.
    (C) CAPCOM CO., LTD. 2007, 2016

    All Rights Reserved.
無料ブログはココログ

RadeonHD5870のドライバ更新にやっと成功!

自分が使っているPCのグラボは、XFXというメーカーのHD-587X-ZN(Radeon HD5870)というやつですが、グラボに付属のドライバなら問題なく入るのに、それより新しいバージョンのドライバをインストールすると、「お使いのハードウェアはサポートされていません」と出てエラーになっていまい、今までずっとグラボについてきたドライバ(Catalyst 10.6)で我慢してきました。

でも、ここ最近「グラフィックドライバが応答を停止しました」というエラーが頻発していて、その原因が「ドライバが古い」せいかな、とも思っていたので、性懲りもなくドライバアップデートにチャレンジしてみました。これまで、たぶん軽く10回以上はやってると思う…(笑)

毎回、ドライバをアップデートしようとして発生するトラブルとしては、

  • グラボ付属のドライバが入った状態で、新しいドライバをインストールすると、ディスプレイドライバを入れるあたりでPC強制再起動
  • 再起動後、新しいドライバをインストールするとインストール自体は成功するが、「HWがサポートされていない」というエラーでWindows標準ドライバしか使えない

というもの。

しかし、今回はアップデートが大成功しました!

Windows標準ドライバしか使えない状態で、デバイスマネージャからRadeon HD 5800 Seriesを開いて、「ドライバーの更新」「コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索」「コンピュータ上のデバイスドライバの一覧から選択」「AMD Radeon HD 5800 Series」を選んで「次へ」

これで行けたっ!

ちなみに、リストにある「ATI Radeon HD 5800 Series」というのがグラボについてきた古いドライバだと思われ。

今回アップデートに使用したドライバは、Catalyst 13.12の64bit用。以前チャレンジしたときより新しいドライバだから成功したのか、それともバージョンに関係なく、上記のような方法をとればインストールできていたのかはわかりませんが、もし同じような症状で困っている方がいたら、ぜひお試しあれ!

今後OSのクリーンインストールなどを行ったときのための、自分用めもめも。

突然Windowsが使用不能に

いつものようにPCの電源を入れ、Windowsが起動し、ログオンしたら…画面が真っ黒のまま。

何も操作を受け付けないので、しょうがなくハードリセットをかけて再起動。Windows起動。ログオン…また画面真っ黒。

やはり何も操作を受け付けないので、再度ハードリセットをかけて再起動したら、エラー発生。Windowsの起動に必要なファイルがない、と。

ダイアログが出たので、とりあえず復元を選択してみるも、復元できないと言われ電源が落ちた。

その後何度再起動しても、Windowsの起動中にエラーが発生する始末。

これは困った。

SSD(Intel 520シリーズ)を入れてからというもの、PCがBIOSレベルで立ち上がらないことは時々あったけど、ここまでひどいのは初めて。(そもそもBIOSレベルで立ち上がらないことがある時点で調査しろ、と(笑))

ここ最近で何かシステムに影響するような変更をしたとすれば、メモリ2GB分をRAMディスク化してテンポラリを全てRAMディスクに設定したことくらい。

待てよ、これが原因?

Windows自体はセーフモードだと起動できたので、試しにHDDにテンポラリ用フォルダを作って、こちらにテンポラリを設定して再起動してみた。

正常に起動。

もう一度、RAMディスクにテンポラリを設定。

Windows起動中にエラー。

再度、HDDにテンポラリを設定。

正常に起動。

どうやら、テンポラリをRAMディスクに設定したことが原因のようだ。RAMディスクドライバの組み込みタイミングによっては、Windowsが起動できなくなることがあるみたい?

仕方がないので、テンポラリは全てHDDに設定することで対策完了とした。嫁PCもRAMディスクにテンポラリを設定していたので、設定をHDDに変更。

テンポラリに2GBは少ない、という原因もあるかもしれないけど、今回のトラブルはそれ以前の問題のようにも思えるので、SSDの寿命対策としてテンポラリフォルダを変更する場合は、RAMディスクに設定するとこういうトラブルがあるかもしれないよ、と覚えておいた方がいいかもしれない。

ちなみにRAMドライブを作成するために使ったアプリは、Dataram RAMDisk バージョン4.2.0RC18。こういったトラブルはウチだけなのかなぁ。

Windows7でタスクバーが!?

仕事中、突如ヘルプミーのメッセージ。駆けつけてみると、Windows7でタスクバーが消えてしまい、まるいスタートボタンだけが浮いている、という奇妙な状態に遭遇しました。

当然、タスクバーが消えているので、アイコン化した実行中のアプリのウィンドウを復元することができず(ALT+Tabでできますが)、マウス操作メインではお手上げ状態。

解決法としては、Ctrl+Alt+Deleteキーでタスクマネージャーを起動して実行中のプロセスから「explorer.exe」を一旦終了させ、タスクマネージャーの「ファイル」→「新しいタスクの実行」を選択し、「explorer.exe」を入力して「OK」をクリックすれば、復活します。

が、通知領域の設定の「タスクバーに常にすべてのアイコンと通知を表示する」にチェックが入った状態で復旧してしまうようなので、通知領域の設定は見直した方がいいのかも。

詳しい原因はわからないけど、スクリーンセーバーをインストールした後から消えることが何度かあった、とのことなので、きっとこれが原因なんだろうなぁ。

3D-CADの研修

今の会社には、一応システム管理者およびPCオペレーターという立場での入社になったわけですが、そもそもは住宅メーカー(建築屋さん)なので、当然その手のアプリも使えるようにならないといけないわけで。

ということで、今日は外部から講師を招いての3D-CADの研修に参加しました。

正式名称はよくわからないのですが、図面を書いてそれを3Dのモデリングに変換して、家具なども置いて実際の家のイメージに近いところまで作成できるアプリなので、「3D-CAD」と呼んでいるのですが…この手のアプリは実際なんというジャンル?になるんだろう。

とりあえずライセンスキー(USBキー)が3桁万円もするものらしいので、自社にキーは1つだけ。講師が持ってきたキーと合わせて、一度に2人までしか動かせないので、他の人は実習ではなく講義状態。自分も講義組。

この手のアプリは動かしながらじゃないとなかなか覚えにくいものですが、さすがにお値段を聞いてしまったからには、ガマンするしかない…。

しかし、図面を描いてパース変換するだけで、かなり実際の家に近いところまでモデリングしてくれるのはすごいなー。お値段がもっともっと安価なら、自分用にひとつ欲しいくらい(笑)

仮想PCにCentOS6.4インストール

LAMP環境で動作確認したいことがあったので、仮想PCにCentOS6.4をインストールしてみました。そのときの手順メモ…を書こうかと思ったけど、特に注意すべきこともないので、手順メモはナシ(笑)

とりあえずサイトからCentOS6.4の64bit版をダウンロードしてきて、VirtualBoxを使って仮想PCへ。

インストール時にWebサーバとMySQLをインストールするようにチェックを入れて、あとはインストール完了を待つだけ。インストール完了後はユーザーを作り、TeratermからSSHでログインして作業。

ここまで、設定という設定をしないですんなりできてしまうのは、やはり時代の流れですかねぇ。楽になったものだなぁ。

久しぶりのLinuxはうろ覚えの部分が多かったですが、考えるより先に手がコマンドを入力しているあたり、体に染み付いたOSなのかもしれない…。

そろそろサブPCもWin7かな

メインのPCはだいぶ前からWin7を使っているせいか、最近はサブPCやノートPCのWinXPが使いづらいと感じるようになってきました。それくらい、Win7は使いやすいOSなんだと思う。

しかし、サブPCはCPUがceleronのデュアルコアなので、せめてCore2Duoあたりに乗せ変えないと厳しいかなー。ノートPCはネットブックなので、そもそもWin7はかなり厳しそう。

ある程度の出費はしょうがないとして、果たしてどの辺にボーダーラインをもってくるか。

3万円ほどで買えるデスクトップを購入してCPUだけ強化する方が、今後のことを考えてもお得な気もする(サブPCは最近のceleronなら問題ない)けど、問題なく動いているPCをお役御免するのももったいないし。

そんな感じでここ最近悩んでいるのですが、こうやって悩んでいる間が一番楽しいことは、言うまでもない(笑)

古いPCをリカバリしたら…

うちの親が、急ぎでノートPCを1台欲しいとのことだったので、7年ほど前のモデルの今は使っていないdynabookをリカバリして渡すことにしたのですが…当然OSはWinXPで、SP2。リカバリ後のWindowsUpdateがうまく動かなくて面倒でした。

というのも、リカバリ後にすぐWindowsUpdateしようとしたところ、IE6はもう対応していないからと警告が出て先に進めないので、まずIE7をインストール。インストール後に再びWindowsUpdateを試すも、ファイアウォール関係のエラーが出てアップデートできず。

ノートPC側のファイアウォールは一時的に無効にしているし、ルータ側にも設定していないので、意味不明。とりあえずFix itを使ってみたところ…SP2には対応していないので、WindowsUpdateでSP3にしてから試してくれ、との警告。たらいまわし状態デス。

しょうがないので、メインのPCでWinXP SP3パッケージをダウンロードして、ノートPCに送ってインストール。SP3になってしまえば、後はWindowsUpdateからアップデートできるようになるので、後は特に問題もなく。

…と思いきや、今度はメーカーアプリに問題が。

不必要なアプリは全てアンインストールしていったのですが、東芝系アプリをアンインストールした後にPCを再起動すると、OSが起動する度に専用ツールが立ち上がって、インストールし直すように促すウィンドウが表示されるという状態。

msconfigでスタートアップから外してもなぜか勝手に起動されるし、まるでウィルスみたい。

一通り設定を終え、使える状態になったところで親に渡してきましたが、用途によっては処理が重くてきついだろうなぁ。確かCPUがceleronM410の1.46GHzで、メモリも1GBしかなかったはず。Win7なんか入れたらヤバそ(笑)

USBサウンドユニット購入

オンボードのサウンド機能をずっと使っていたのですが、数日前から急にジャックのセンサーがおかしくなったようで、何もしていないのに「何かささった!」「何か抜けた!」という通知が1~2秒おきに出るようになってしまいました。

ポップアップは抑制できるのに、自動認識機能を切ることができないようで、タスクバーのアイコンのところに常に通知の吹き出しが表示されるのがとにかくウザい!

ヘッドホン専用として使っている「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」があるので、オンボードは無効化してこちらのX-Fiを使おうかとも考えたけど、ヘッドホンを使うときにジャックを抜き差しするのがイヤだったので、別のUSBサウンドデバイスを注文しました。

そして届いたのが一昨日。買ったのは「Sound Blaster Digital Music Premium HD」という、フォノ入力にも対応したもの。

USBでPCに接続するだけで使えるものですが、添付CDから専用ドライバを入れることで機能をフルに使えるとのことだったので、早速CDからドライバやアプリ一式をインストール。すんなり使えるようになったので、オンボードのサウンド機能は無効化しました。

しかし、しばらくするとなにやらエラーが。デバイスマネージャを見てみると、「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」が原因不明のエラーで使えなくなっている!

ひとつのPCにSound Blasterをふたつ接続すると片方しか使えない、なんてことは聞いたことがないので、試しにX-Fiのドライバを削除して抜き差ししてみたところ、正常に使えるように。ドライバの設定が書き換わってしまっていたのかな…?

USBのサウンドユニットを使うことで、スピーカー配線をPCの後ろからひっぱる必要もなくなったので、ケーブル類が少しだけすっきりしたのは思わぬメリットでした。

GPT保護パーティション

PanasonicのVIERAにつないでいた1TBのHDDと、PCにデータ用としてつないでいた500GBのHDDを入れ替えようとしたのですが、VIERAにつないでいたHDDが「GPT保護パーティション」となっていて32bitのWinXPではディスク管理から操作できなかった(64bitのWinXPやWinVista、Win7などはディスク管理から操作可能)ので、このGPT保護をクリアする手順をメモメモ。

と言っても、特に難しいことはなく、コマンドプロンプトから起動できる「diskpart」を使うだけ。

diskpartの手順

今回はファイルサーバとして使用しているサーバPCでの例ですが、
・Disk 0 ← システムドライブ
・Disk 1 ← 共有用
・Disk 2 ← VIERAから持ってきたHDD
となっています。今回、Disk2がGPT保護パーティションになっているので、このディスクに対して操作しています。

list partitionしたときに、Type項目が不明になっていることを確認してから、cleanすることで作業は終わり。特に確認画面などは出ないので、操作は慎重に行わないといけません。

ディスクがクリーンな状態になれば、あとはコマンドラインからでも、ディスク管理ツールからでも、初期化を行ってパーティションを設定すれば問題なく使えるようになります。

今やWinXPの利用率がだいぶ減ってきているので、こういう問題はなかなか出てこないかもしれませんが、備忘録ということで。

USB接続タイプのSoundBlaster購入

ズボラと言われれば、その通りかもしれません。

メインで使っているPCのサウンド周りは、スピーカーとUSBヘッドセット(Skype用として使っている)が接続されています。

今までは、夜中に音楽を聴きながら作業するときはUSBヘッドセットを使っていたのですが、先日大きなヘッドフォンを買ったので、音楽を聴きながら作業するときはこの大きなヘッドフォンを使いたいな、と思ったのです。

が、このヘッドフォンはイヤフォンジャックに接続するタイプなので、スピーカーのコントローラーについているイヤフォンジャックにつながないといけない。でもスピーカーから音を出したいときは、ヘッドフォンをイヤフォンジャックから外さないといけない。これが面倒(笑)

本来、PCの背面出力と前面出力を独立させるように設定すれば、背面出力をスピーカー、前面出力をヘッドフォンにそれぞれつないで、Windows上で切り替えられるのですが、前面ジャックのすぐ近くに3.5インチシャドウベイがあってHDDを入れているのが原因なのか、ノイズがひどくてダメ。

できれば、Windows上で出力先を切り替えるだけでスピーカーとヘッドフォンを切り替えたいな、という思いから、USBタイプのサウンドデバイスが欲しくなったので、さっそく買いに行ってきたのです。

で、今回買ったのは、SoundBlaster X-Fi Go! Proという輸入モノ。お値段は3,000円ほど。

安いものだし、パッケージには中国語らしき漢字がたくさん書いてあったので、ある程度の品質は覚悟していたのですが…ドライバCDが傷だらけで読み込みすらできませんでした…orz

読み込まないものはしょうがないので、ドライバはメーカーサイトでダウンロードしてインストール。さっそくヘッドフォンでいくつか曲を聴いてみました。

オンボードのRealtekよりは音がいい感じ。特に低音が良く出ているように感じるけど、気のせい、という可能性が大きいかも。ノイズなくクリアに聴こえれば、それでOK。

とりあえずこれで、スピーカーで出力するときはオンボードのRealtek、ヘッドフォンで出力するときはUSBのSoundBlaster、SkypeのときはUSBヘッドセットと使い分けられるようになりました。常時全部つないでおいて、Windows上で出力先を切り替えるだけでいいから、楽になったなぁ~。

より以前の記事一覧

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック